LGBTに関する終活とお墓の課題

LGBTの終活

お墓に対する悩みは一般的な人だけではありません。

マイノリティと呼ばれる人にも深刻な悩みとなっています。

LGBTという言葉をご存知でしょうか?
 

LGBTとはレズビアン(Lesbian)ゲイ(Gay)両性愛(Bisexual)

 

トランスジェンダー(Transgender)の各単語の頭文字を組み合わせた表現である。

 

クエスチョニング(Questioning)間性(Intersex)の頭文字を加えて、LGBTQ、LGBTI、LGBTIQ、LGBT+などと表されることもある。

 

参照:Wikipedia

 

LGBTという用語は「性の多様性」と「性のアイデンティティ」からなる文化を強調するものであり、「性的少数者」

(sexual minority)という用語と同一視されることも多々ありますが、LGBTの方がより限定的かつ肯定的な概念であります。
 

当事者とされる者の一部は、LGBTという用語あるいは括りを用いることに対して、後述のような複数の問題があるとそれぞれの立場から主張しています。

 

約50万人の遺伝子を大規模解析した調査によると、性的指向が遺伝で決まる割合は8-25%程度であり、基本的には(胎児期を含めた)環境による影響が大きいとされています。
 

LGBTの終活

LGBTを含む性的マイノリティは世界中にいます。

彼らは他者と少し違うことから不安を抱き差別的あるいは侮辱的な扱いをされ誤解や偏見を受けているようです。

その為、ありのままに生きられない社会で生活しなければいけません。

同じ人間である以上、平等に扱われなければいけませんが様々な分野でまだまだ課題が残っています。

それは終活であっても同じなのです。

 

~目次~

LGBTについて理解しよう

終活を取り巻く様々な問題

パートナーの遺骨問題

LGBTのお墓問題

まとめ

 

LGBTについて理解しよう

LGBTの終活

LGBTは性的マイノリティ(性的少数者:セクシャルマイノリティ)を表す言葉の1つであり、恋愛対象が誰になるかという性的指向と身体の性と心の性の不一致が起こる性自認に分かれます。


性的指向は女性の同性愛者(レズビアン)、男性の同性愛者(ゲイ)、両性愛者(バイセクシャル)に分かれ性自認はトランスジェンダーと呼ばれます。

LGBTの終活

このような性的指向や性自認は多くの場合思春期に認識されています。

現在の日本では教育や仕事、結婚、医療、公的サービスでさえ様々な問題が起こります。

本来であればLGBTなど性的マイノリティであっても差別的な扱いを受けることなく平等に、かつありのまま生きられる社会であるハズなのです。

LGBTの終活

しかし実際は差別の問題や通常であれば享受できる権利やサービスを受けられないといった状況にあるようです。

それは誰にでも訪れる終活についても同じことなのです。

 

終活を取り巻く様々な問題

LGBTの終活

日本でのLGBTに関する課題はまだまだ山積みであり解決しなければならないものが多いそうですがなかなか追いついていないのが現状のようです。

それは終活のとりわけお墓問題に関しても同じことでしょう。

LGBTの終活

現在の日本では法律上同性婚は認められていません。

憲法24条が【両性】【夫婦】といった言葉を規定していることをもって法律上同性婚を認めることは憲法違反なのです。

少なくとも現在法律の規定がないことによってパートナーとの暮らしに様々な不便や不安を感じている方がいるのが現実のようです。

LGBTの終活

同性カップルに関しては、婚姻などについて話題になることは多いのですがいわゆる「終活」に関しても問題があります。

たとえばパートナーが亡くなった時に葬儀の喪主は誰が務めるのか墓はどうなるのか遺骨はどうなるのかなどです。

 

パートナーの遺骨問題

LGBTの終活

法律上、遺骨は祭祀主宰者に帰属すると考えられています。

祭祀主宰者とは主に葬儀や法事など供養に関する儀式を主宰する者のことをいいます。

 

民法897条

1 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。

   ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

 

2 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

 

また祭祀財産には遺骨が明記されていませんが、判例では遺骨もまた祭祀主宰者に帰属するものと判断されています。

LGBTの終活

このように遺骨は祭祀主宰者に帰属します。

したがって自分が亡くなった後に遺骨をパートナーに委ねたいと考えているなら遺言でパートナーを祭祀主宰者に指定しておくと良いでしょう。

LGBTの終活

民法上も最も尊重されているのは亡くなった方の意思ですから生前にはっきりと意思を示しておくことが大切だというわけです。

 

LGBTのお墓問題

LGBTの終活

一緒のお墓に入りたくても血縁関係にある先祖代々の墓に納骨されパートナーは一緒に入れないといったこともあります。

分骨して一部は先祖代々の墓に一部はパートナーと一緒のお墓に入るという方法もあると思いますが実際に難しいでしょう。

LGBTの終活

公営であれ民間であれ継承者がいないと墓地は購入できないのが一般的です。

その為パートナーと同じお墓に入りたくてもそのハードルは遥かに高いのです。

今では【墓友】という言葉もあります。

【墓友(はかとも/ぼゆう)】とは家族や親類などの血縁関係はない友人や知人同士と一緒のお墓に入ることを約束した事とされています。

LGBTの終活

これはどう考えてもただの合祀墓でしかありません。

赤の他人と同じ墓に入る事に抵抗がなければ良いのですが逆にLGBTと同じ合祀墓に入りたくないとの偏見も消し去ることが出来ないのです。

東京のある寺院が「LGBTも入れるお墓」とあったので調べてみましたが国籍・性別・法的関係など不問の合祀墓でしかありませんでした。

この様にLGBTに関するお墓問題にはまだまだ課題が山積みのようです。

 

まとめ

LGBTの終活

現在の日本の法律では戸籍上血縁関係になければ同じお墓に入ることは難しいでしょう!

しかし時代は変化し今の常識が五年や十年後には通用しなくなっているかもしれません。

LGBTの終活

アナタの知らない所で当たり前のことが目まぐるしく変わっていっているのです!

十年前には家族葬や直葬などは一般的ではありませんでしたが今では当然のように葬儀業者のプランに組み込まれています。

LGBTの終活

お墓に関しても霊園などでは一般的な墓石ではなく樹木葬や自然葬の募集を目するようになりました。

このように誰も気づかないうちに常識とは変化していっているのです。

LGBTの終活

入るお墓がなければムリに入る必要はないと思います。

お墓に入る事が常識ではなくなって来ているのです。

LGBTの終活

愛する人と同じ大海原に還る!

 

そう考えると海洋散骨は国籍・性別・宗教・思想・全て不問の理にかなった葬送ではないでしょうか。

 

 

関連記事:海洋散骨を希望するのはどんな人?

 

 


 

 

【人気記事一覧 01】

LGBTのお墓問題!

檀家制度はなくる?

散骨による風評被害

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

戒名は必要なのか?

お墓の未来について

超音波で遺骨が砕ける?

 

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

献体で葬儀費用が

献体で葬儀費用が無料に

献体(けんたい)とは、医学および歯学の発展のために

自分の身体を解剖の研究に使ってもらう事なのですが・・・

遺骨の最後とは

遺骨って最後はどうなるのか?

遺骨が最終的にどうなっているのか?知っていますか?

今回は、業界の謎に迫ります

なぜ海洋散骨をおすすめするのか

なぜ海洋散骨をおすすめするのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中でも海洋散骨はあるメリットがあります

散骨業者には種類とは?

散骨業者の種類を知っていますか?

大きく分けて3種類に分類されます。

騙されない為にもその違いを見抜きましょう!

死後貯金してますか?

死後貯金してますか?

死んだらお金が掛かってきます。

自分の葬式代金の見積もりを知っていますか?

遺骨は最後にどうなるのか?

遺骨は最後にどうなる?

遺骨の最後の最後を知っていますか?

「遺骨の最後」についてが衝撃でした

納骨堂が破綻する?

霊園や納骨堂は破綻や倒産はするのか?

そんな時、預けた遺骨は?

実際に破綻や倒産した霊園などがあるのです。

お墓がなくても大丈夫?

お墓がなくても大丈夫?

俺が死んだら骨は捨ててくれ・・・

どうしたらいいのか・・・

遺骨処分と海洋散骨

遺骨を処分したい…

実際にある相談なのです。

散骨は遺骨処分の受け皿なのか?

消えゆくお墓文化!

お墓は文化として守るものなのか?

そもそもお墓の歴史は永くない!

先祖を想う気持ちとお墓は別物である。

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ