終活ブームの裏側にあるもの

「迷惑」というキーワード

お墓や相続など、終活をテーマとした講演などが全国で増えています。人は生まれたら、必ず死にます。それは自然の摂理です。

最近では、日本人の葬儀に対する意識は低くなり続けている事をご存知でしょうか?

意識が低くなると表現すると語弊がありますが確実に変化していることは間違いありません。
 

家族葬 【限られた親族での少人数の葬儀】 

 

直葬    【火葬のみ】

 

ひと昔前では考えられなかったのではないでしょうか?

これまで、日本は、「死」について考えるのはタブーとされ、日常生活でも話題にすることは少なかったと思います。

しかし、「死」を直視して考えるほど、「生きる」事について真剣に考えるのではないでしょうか?

 

 

「終活」という言葉は前向きでよいのですが、本音のところには「迷惑」というキーワードがあるように思えます。

 

お墓は家族にとって迷惑?

維持費がバカにならない

 

東京や大阪など大都市で働く人がふえ、地方を出ていく若者が増えている現代。

お墓を継がせない、できれば「継がせたくない・・・」という家庭が増えている事をご存知でしょうか?

 

その背景には、時代の変化があります。「自分の死後、子供にお墓のことで負担をかけたくない」という親は増えています。

 

 

給与も上がらない時代で、お墓にお金をかけられない・・・ 遠くに住んでいるので、お墓に頻繁に行く事ができない・・・

そんな人が増えているのです。

 

 

実際に、サラリーマンの平均年収は減っています。少し回復しているように見えますが、それは間違いです。実際に、生活が豊かになっていると感じる人は、かなり少ないはずです・・・日本は、二極化社会になり、20代や30代は結婚が出来ないほど貧困している人が多くなっています。

 

昭和の時代は、地方も街に活気がありました。それは、小さな町の商店で買い物をして、地元で生活を擦る人が多かったからです。

「この町で暮らし、この町で死ぬ・・・」というのが暗黙の了解であったように感じます。

 

 

しかし平成になり、通信や運送コストなどが下がり、小さい町には大きなショッピングモールができるようになりました。

大きなショッピングセンターは、商店街をつぶし

町はどんどん寂れていってしまいました。 ショッピングモールの売上は本社である、大都市「東京」に送られるので、東京は税金が多く入るが、地方はさびれていく・・・という構図が出来てしまいました。

 

魅力的に、古い街並みを残している地域はいいですが、下手に近代化に手を出して、中途半端な商店街は、一気に姿を消す事になってしまいました。それが現代の日本の姿です。

時代の変化と共に、地方から東京など大都市に行く人が増え続けています。

この流れは止める事ができません。地方を盛り上げようにも、昔から住んでいる老人が邪魔をして、新しい事をやらせない・・・

という老害もおきています・・・

その地域の風習やしきたりを守りつつ変化が求められる時代なのです。

 

今後、お墓の数はどんどん減っていくでしょう。

これは、時代の変化であり、当たり前です。

現代のライフスタイルに、お墓は合いません。

そのお墓を管理している寺ですら今後は減っていくと統計が出ています。

いわゆる「坊主丸儲け」の時代は終わりを迎えようとしているのです!

そのため、現代のスタイルにあった樹木葬や納骨堂を取り入れるお寺が増えているのではないでしょうか。

お寺などの宗教法人であっても利益を上げなければ経営が成り立ちません。

その為、あの手この手で宗教法人も利益を上げるために試行錯誤しています。
 

:〇〇にご利益がある:

 

この〇〇にはイロイロな言葉が入ります。

お金 恋愛 病気 など…

根拠のないご利益を名目にして必死に宗教法人の経営を成り立たせているに過ぎないのです。


もう一度、言いますが坊主丸儲けの時代は終わったのです。

 

 

今後、散骨やビル型納骨などが増えていくと予想されます。

 

現に海洋散骨業者も増え、樹木葬や納骨堂の募集看板なども多く見られるようになりました。
 

これも時代の流れ、変化なのだと感じます。
 

大事なことは、お墓を大事にすることではなく、先祖がいて自分がいる、今、自分が生かされている事を感謝する。


その気持ちではないでしょうか?
 

 

お墓にこだわる必要はないと気づき始めた人が増えていると感じたことはありませんか…

 


関連記事:終活とはどんな活動をするのか?
 

 

 

 

【人気記事一覧 01】

戒名は必要なのか?

檀家制度はなくる?

死後貯金してますか?

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

ディズニーランドに散骨?

お墓の未来について

手元供養の注意点

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

散骨後の供養はどうするの

散骨後の供養はどうするの?

散骨後に供養するにはどうしたらいいのか?

遺灰などは残しておいた方がいいのか?

正しいビル型納骨堂の選び方とは?

都心部に増えているビル型納骨堂

選ぶ際の注意点とは何か?

後悔しないビル型納骨堂の見極め方とは?

散骨する時期

散骨する時期はいつがいいのか?

墓じまいをするとき、引越し、気持ちの整理がついたとき

散骨をするタイミングは人それぞれです

散骨に必要な書類とは?

散骨の時に必要な書類ってなに?

失くしてしまった時の手続き先はどこ?

なんで書類が必要なのか?

散骨する時は骨を細かくする必要がある

散骨する時は骨を細かくする必要がある

散骨をする時は、骨をどうしたらいいのか?

国の法律などはあるのか?

なぜ海洋散骨がおすすめなのか

なぜ海洋散骨がおすすめなのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中のひとつが海洋散骨です。

ビル型納骨堂とは

ビル型納骨堂とは

最近、東京や大阪などの都心で増えているビル型納骨堂

人口が東京などの都市に集中する時代のひとつの解決策と...

自分で散骨していいのか?

自分で散骨していいのか?

散骨をするのは、頑張れば個人で行うこともできます。

しかし、そこにはメリットとデメリットがあります。

樹木葬も色々あるようですね

これが樹木葬なのか?

お墓よりも安く、最近人気になっている樹木葬

樹木葬もイロイロあるようで、最近では...

ペットの手元供養方法

ペットの遺骨を手元供養したい

その方法は?

新たな生命の誕生が出来る方法とは。

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ