檀家制度とは何か?

檀家とはなんなのでしょうか

「檀家(だんか)」とは?何でしょうか?

檀家とは【寺院に所属する家】のことを言います。

普段あまり聞きなれない言葉ですが、お墓の話になると、よく出てくる言葉でもあります。

 

~目次~

檀家(だんか)とは何か?

檀家になるメリットとは?

檀家になるデメリットとは?

檀家を辞めるのにもお金が必要になる

そもそも、檀家制度は必要なのか?

 

檀家(だんか)とは

檀家(だんか)とは何か?

お墓が寺などの寺院にある場合は、家族が「檀家(だんか)」になっていることが多く、逆に霊園などに墓がある場合は檀家に属していない事がほとんどです。

檀家になるためには、一般的に入檀料(にゅうだんりょう)を支払います。

 

入檀料は10万~50万円が相場です

 

その他にも、「位牌(いはい)」を安置する位牌堂の費用なども必要になってきます。

入檀後も寺院の運営などを支えるため、お布施や寄付金などで支援を続けていかなくてはなりません。

とにかく、何かとお金がかかります・・・
 

檀家になるメリットは?

お盆やお彼岸には、多くの法要が行われます。

檀家になっていると、お盆やお彼岸などの繁忙期でも優先してもらえる場合多くあります。

初めて「法要」などを行う場合、分からい事を、菩提寺の住職に相談することが出来ます。(ネットで調べればすぐに分かる時代ですが・・・)

その他にも、手厚い供養(くよう)を受けられたり墓の管理をしてもらえたりとメリットは様々のようです。

そもそも、他人に代わりに供養をしてもらう?

というのがおかしいと思いますが、日本では、このような檀家制度が長く続いてきました。
 

デメリットはないの?

お布施や寄付金がかかる

檀家になるデメリットはやはり、お金がかかる事です。お布施や「寄付金」などなど、お金に関するデメリットが挙げられます。

寺や寺院は檀家のお布施や寄付金などの支えで成り立っています。

檀家になっていると、寺の改修などをを行う場合に寄付を求められる場合があります。

この金額は必ず払わなければいけない・・・という決まりはないのですが、檀家になっている場合はやはりある程度の寄付金は必要になるようです。

無言の圧力をかけられるようです。今の時代には、そぐわない制度?かもしれません
 

檀家を辞めるのにも、お金が必要になる

檀家を辞めることを離壇と言います。

何らかの事情で離壇する場合には離壇料を支払わなければいけません。

お墓の引っ越し 墓じまい 宗派が変わった など離壇理由は様々ですがどのような事情であれ離壇料は支払わないといけません。

相場は

5万~30万円

 

程度が一般的のようですがなかには何百万もの高額な離壇料を請求された方もいたようです。
 

なぜ離壇する際、トラブルになるのか

檀家を辞めるのに高額な離壇料を請求されたとの噂は誰しもが聞いたことのある噂ではないでしょうか?

インターネットで(檀家 トラブル)と検索すれば間違いなく離壇料のトラブル事例が出てきます。

しかし、この高額請求には檀家側にも多少なりの問題があるそうです。

檀家制度は必要なのか?

何の相談もなく急に墓じまいをしたり、一方的に離壇すると

『今まで墓の管理などをしていたのに・・・筋が通らない・・・』

と言われる可能性があります。

お寺側としては、離壇されると「お布施」や「寄付金」などが集まらなくなります。

寺院側の考えも分からなくはないですが・・・だからと言って高額な離壇料を請求することも筋が通らないのではないかと思います。

このようなトラブルにならないためにも離壇する際はまず理由を菩提寺の住職に相談して穏便に解決できるようにお互いが理解しないといけません。

それでも高額な離壇料を請求された場合には専門家などに相談して解決すると良いでしょう。
 

そもそも、檀家制度は必要なのか?

檀家制度は必要なのか?

少子高齢化や地方の人口減少問題などを頻繁に耳にします。

地方の人口減少は若者などが就学や就職のため地方から都心に移り住んでいることが原因のひとつだと考えられています。

地方を離れた人達は新たに住んでいる都心部で暮らし生涯を終えることは今では珍しい事ではありません。

檀家制度は必要なのか?

そのまま帰らないのですから地方にあるお墓を引っ越したり墓じまいすることなども今では当たり前になっています。

そのため寺院などでは檀家離れが深刻な問題になっており一説によると一部の有名寺院を除いて平均年収300万円でどこも赤字経営なのだそうです。

 

『そして20年後には今ある寺院の約三分の一がなくなると予想されています。』

檀家からのお布施や寄付金が集まらず経営破綻してしまう寺院が今後は増えてしまうのです。

今現在、日本には寺院が約7万7000ありその数はコンビニエンスストアや郵便局よりも多いのですが今後は寺院は減っていくのでしょう。

ですので檀家になっている寺院がなくなってしまう可能性は誰も否定できないのです。

 

そもそも檀家にならなければよいのではないか?

と考える方もいるかと思います。

檀家にならなければ寺院などの経営破綻の心配もありません。お布施や寄付金を用意する必要もないのです。

入壇料や離壇料もいりませんし金銭的なトラブルは避けられると思われます。

檀家としてのメリットである、「法要」などを優先してもらえたりわからない事を住職に

 

「相談できなくなるかも…」

 

と思われるかもしれませんが

 

年に何回、「法要」をするのでしょうか

年に何回、「法要」をするのでしょうか?

お盆やお彼岸にお墓参りをするためだけに高いお布施や寄付金を払い続けていくのでしょうか。

「檀家」にならなくても必要であれば、今はお坊さんを派遣してくれるサービスがインターネットで検索できます。

料金なども明確に示してありますので安心です。

坊さんの派遣が有難いのかどうかは個人の判断ではあります!

お布施はお気持ちで…」などの心配はないのです。

法要などのわからない事はインターネットで検索すれば殆どのことは解決します。

それでもわからない時にはこれもインターネットを使い質問すれば答えてくれるサイトなどもあります。

 

葬式のことなら葬儀屋に聞くことが一番です。

専門家なのですから。

しかし葬儀屋も事前に詳しく調べましょう。

料金トラブルが少なくない業種のようです。

これは檀家制度を疎かにしようなどの思いではなく、時代にそぐわなくなってきていると言いたいのです。

このような考えは罰当たりなのでしょうか?

 

先祖の墓が寺院の経営破綻によって墓じまいなどをしたりお布施や寄付金の負担から金銭的にも余裕がなくなり無縁仏にしてしまうほうがよっぽど罰当たりかと思います。

宝くじが当たると住職がマイクパフォーマンスをして売店で金運アップのグッツを販売している寺院もあります。

そのような寺院の檀家で先祖のお墓を守っていくことに違和感を持ってしまうのは私だけでしょうか…

檀家にならず法要の際にだけお坊さんを派遣してくれるサービスもあります。

普段からお世話になっているお坊さんならわかるのですが派遣されてきたお坊さんってどうなんですかね…

そこまでして葬儀に縋らなくてはならないのか疑問にすら思います。
 

昔からの風習や習わしを守っていくことは大事です。

 

しかし、この檀家制度については今後は必要としない人が増えていくのではないかと考えられますが皆さんはどう思われますか?

  

宗教ビジネス…本当に必要なのでしょうか…

 

関連記事:死後格差とはなにか?

 

 

【人気記事一覧 01】

骨の収骨拒否は出来る?

遺骨を手渡しする安心感!

檀家制度はなくる?

戒名は必要なのか?

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

墓じまいの費用とは?

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

お墓の未来について

LGBTのお墓問題!

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

 

旦那のお墓は・・・女性のお墓に対する考え

今までの檀家制度は先祖のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は、夫側のお墓に入る。 今まで当たり前だった、そんなお墓の習慣を疑問に思う女性が増えている事をご存知ですか?

 

 

有名人も散骨を選んでいる

有名人も散骨を選んでいる

最後に散骨を選んだ有名人について

昭和のスターも最後は散骨されています

散骨業者の選び方とは

散骨業者の選び方とは

散骨をしたいけれど、どの業者を選んだら良いのか

分からない?そんな方はこちらをぜひ!!!

なぜ海洋散骨をおすすめするのか

なぜ海洋散骨をおすすめするのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中でも海洋散骨はあるメリットがあります

遺骨処分と海洋散骨

遺骨を処分したい…

実際にある相談なのです。

散骨は遺骨処分の受け皿なのか?

故人の遺骨を粉骨したい

故人の遺骨を粉骨したい

故人の遺骨を粉にしたいと思うけれど・・・

なんだか忍びない・・・とお悩みの方へ

信仰心は薄れているのか?

信仰心は薄れているのか?

日本人の信仰心、宗教的思想とは?

現在では葬儀の簡素化やお墓に入らないなどの変化が表れています。

お墓の先入観はなくならない

なぜお墓に入る事を当たり前だと思うのか?

その先入観はどこから来るのでしょう?

周りと同じで…良いんですか?

ドローン散骨は可能なのか

ドローン散骨は可能なのか?

将来的には、ドローンでの散骨はできるのか?

ドローンの着せについてなど考えてみました

海洋散骨を希望するのはどんな人?

海洋散骨を希望するのはどんな人?

海洋散骨を希望する方は年々増えている事を知っていますか?

10年前と比べると海洋散骨を選ぶ人が倍増しています

散骨後の供養はどうするの

散骨後の供養はどうするの?

散骨後に供養するにはどうしたらいいのか?

遺灰などは残しておいた方がいいのか?

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【千葉県の散骨地域について】

散骨、海洋散骨の一凛では千葉県の、千葉市、千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市緑区、千葉市美浜区、船橋市市川市、浦安市、市原市、柏市、松戸市、 流山市 、野田市、鎌ケ谷市、銚子市、 館山市、木更津市、成田市、 佐倉市 、東金市 、旭市、 習志野市 、勝浦市 、八千代市、 我孫子市、 鴨川市、 君津市 、富津市 、四街道市、 袖ケ浦市、 八街市、 印西市、 白井市、 富里市、 南房総市、 匝瑳市、 香取市、 山武市 、いすみ市、 大網白里市、 酒々井町、 栄町、 神崎町、 多古町、 東庄町、 九十九里町、芝山町、 横芝光町、 一宮町、 睦沢町、 長生村、 白子町、 長柄町、 長南町、 大多喜町、 御宿町、 鋸南町、 などで散骨をしております。千葉県にお住まいで、遺骨、納骨でお困りの方。墓じまいして、骨をどうにかしたい方のお悩みにお応えしております。

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ