墓地の倒産や破産のリスクとは?

樹木葬とは

寺院や管理会社の危険性とは?

日本では遺骨を「お墓」や「納骨堂」などに納めていることが普通だと思います。 なかには、宗教上の理由やお金がないのが原因で、自宅で遺骨を「保管」供養している人もいます。

 

中には、「散骨(さんこつ)」をして、遺骨が手元にない方もいるはずです。多くの方が寺院や霊園に骨を収めているかと思います。そんな寺院や、霊園が、実は倒産している?という事実がある事を、ご存知でしょうか?

今回は、寺院や管理会社の危険性についてです。

 

目次

なぜ寺院や霊園に保管するのか?

墓地が倒産する?

墓地倒産のリスクとは?

墓地運営も、人気がなければ潰れる時代に

宗教法人も税金を払っている

儲からないと倒産する

まとめ

 

なぜ寺院や霊園に保管するのか

なぜ寺院や霊園に保管するのか?

遺骨が家にあります。という人は、実は少ないと思います。日本では、遺骨はお墓や霊園の墓地におさめて、供養するのが一般的でした。

実は、この遺骨の管理。家で保管しても問題がありません。

 

法律的には、遺骨は「故意に捨てた場合のみ」罰則があります。特に「保管」に関する厳しい決まりは、実はありません。 つまり、保管の方法は、自由で好きにして良い。というのが現状なのです。

法律で決まっている訳ではありません。

 

墓地倒産のリスクとは

墓地倒産のリスクとは?

遺骨を保管する方法は、お墓、樹木層、自宅など、実に様々です。中には、お墓に入れるのが法律で決まっているんでしょ?なんて方もいます。

 

しかし、この当たり前だと思われている、お墓に納める供養方法の「危険性」に付いて語られることは多くはありません。

実はお墓にもデメリットや危険性があります。では、その危険性とは何でしょうか?

 

墓地運営も、人気がなければ潰れる

墓地を管理しているのは、自治体か宗教法人です。 あまり知られていませんが、宗教法人は、一般の企業が管理会社として、運営をしている場合があります。

墓地だけでなく、納骨堂や樹木葬なども、裏で一般企業が運営をしている場合があります。 ここで問題になるのが・・・

自治体ではなく、宗教法人が運営している納骨堂や墓地です。

 

最近では、墓離れと呼ばれる現象が起きています。

 

お墓までいくのが、遠い・・・

だったら、ビル型の納骨堂などに、お墓を移そう!自宅で管理すれば、いいじゃないか?などと考える人が実は増えています。

 

上の写真のように、ビル型の納骨堂では、カードをさらすと、骨が自動的に運ばれてくるという仕組みになっています。

 

都心部では、このビル型納骨堂は増えていて、電車の中刷りなどで見かけた人も多いはずです。

もちろん、この納骨の方法にもデメリットはあります。

 

 

お墓に行く時期は、みんな一緒なので、混んでしまう

お参りする時間が集中してしまう

数に限りがあるので、ほかの家族は入れない・・・

 

などです。

もちろんですが、こちらも宗教法人が経営しているので

 

もし、倒産したら・・・

というリスクは、常につきまといます・・・

 

宗教法人も税金を払っている

宗教法人も税金を払っている

宗教法人は税金を払わないと、間違った認識を持った方が多いようですが正確には税金は払っています。 さらに、法人なので利益を上げなくてはなりません。

 

しかし、現在では寺院からの檀家離れ、墓離れが加速してしまい利益が減っているのが現状です。

 

宗教法人としての収入は下がり、墓地などの販売と管理だけでは、経営が厳しくなっている・・・というのが現状です。宗教法人だから、儲かっているんでしょ?

坊主丸儲けでしょ?

 

という時代は、もうとっくに終わり、生き残りをかけて戦わないといけない時代なのです。

 

儲からないと倒産する

今後20年で、寺院の三分の一は破産や倒産でなくなってしまう可能性がある・・・という衝撃的な事実をご存じでしょうか? 潰れる可能性があるのは、寺院だけではありません。

 

いわゆる「宗教法人から名義貸し」で墓地等を管理運営している企業も、倒産のリスクがあります。 檀家離れが加速すると、大きな社会問題となるはずです。

 

私の知っている霊園でも管理者の変更がありました

 

 

墓地の販売スペースは未だに多くの空きが目立っています。青山霊園など、富裕層向けの立地のよい墓地は別として、今後は、都心にある墓地でも、同じような現象が起こると予想がされます。

 

地方で法人等が運営する霊園などは、墓じまいが加速すると、今後は運営が厳しくなっていくことが予測されています。

経営が厳しくなるという事は、それだけ破産や倒産のリスクが高くなってしまうという事です。

 

まとめ

宗教法人や一般企業の管理会社が破産や倒産しても、納めている遺骨が破棄されたりすることはありません。その場合には管理者の変更があり運営は継続されることになります。

 

しかし後続の管理者が決まらなかった時、 遺骨は「遺族のもとに返される」ことになります。

 

そうならない為には自治体が管理する霊園に遺骨を納めるか、散骨して形にこだわらない供養方法の選択肢があっても良いのではないでしょうか。

 

遺骨を納めた霊園や納骨堂に樹木葬などを管理する会社や団体が倒産や破産してしまうリスクは決して他人事ではないのです。

 

そんなリスクを負ってまで遺骨を納める意味は、本当にあるのでしょうか?

 

関連記事:納骨堂経営難の真実

 

散骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

散骨お問い合わせ

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

献体で葬儀費用が

献体で葬儀費用が無料に

献体(けんたい)とは、医学および歯学の発展のために

自分の身体を解剖の研究に使ってもらう事なのですが・・・

遺骨の最後とは

遺骨って最後はどうなるのか?

遺骨が最終的にどうなっているのか?知っていますか?

今回は、業界の謎に迫ります

なぜ海洋散骨をおすすめするのか

なぜ海洋散骨をおすすめするのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中でも海洋散骨はあるメリットがあります

散骨業者には種類とは?

散骨業者の種類を知っていますか?

大きく分けて3種類に分類されます。

騙されない為にもその違いを見抜きましょう!

死後貯金してますか?

死後貯金してますか?

死んだらお金が掛かってきます。

自分の葬式代金の見積もりを知っていますか?

遺骨は最後にどうなるのか?

遺骨は最後にどうなる?

遺骨の最後の最後を知っていますか?

「遺骨の最後」についてが衝撃でした

納骨堂が破綻する?

霊園や納骨堂は破綻や倒産はするのか?

そんな時、預けた遺骨は?

実際に破綻や倒産した霊園などがあるのです。

お墓がなくても大丈夫?

お墓がなくても大丈夫?

俺が死んだら骨は捨ててくれ・・・

どうしたらいいのか・・・

遺骨処分と海洋散骨

遺骨を処分したい…

実際にある相談なのです。

散骨は遺骨処分の受け皿なのか?

消えゆくお墓文化!

お墓は文化として守るものなのか?

そもそもお墓の歴史は永くない!

先祖を想う気持ちとお墓は別物である。

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ