散骨は合法なのか?

違法ではないがルールが必要

海洋散骨は、違法ではないのか?と言われることがありますが、結論から言うと、散骨は違法ではありません。

注意しなければいけないのは、「遺骨遺棄罪」・「死体遺棄罪」の部分にふれてしまう可能性がある。

という事です。

業者によっては、この法律を無視している事もあるので、注意が必要となります。

では、具体的に考えてみましょう。

 

CONTENTS

遺骨の処分方法には法律があります

アインシュタインの最後とは?

日本は昔から自然葬

散骨は違法なのか?まとめ

 

遺骨の処分方法には法律があります

散骨場所

墓埋法第4条があります

「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、おこなってはならない。」という法律があります。

つまり、骨はむやみに捨てたり、処分したらダメですよ。という事です。

 

これは、火葬をする業者を取り締まるための法律です。2019年の現在まで日本の法律では、骨は散骨として海にまく事を想定していませんでした。

 

実は、海洋散骨が始まったのは、ここ20年の話であり、まだまだ歴史がありません。

散骨は、比較的に新しい、供養の方法なのです。

 

アインシュタインの最後とは?

最後は海にまいてほしい

天才物理学者のアインシュタインなどは、「自分の骨は海にまいてくれ」と頼み、自ら自然葬を選びました。

海外であれば、散骨は普通なのですが、日本はまだ文化がありません。

 

 

海が好きだという理由で、海洋散骨を選ぶ人が増えています。

 

日本は昔から自然葬

日本は昔から自然葬

江戸時代から自然葬が基本

日本は江戸時代より前は、全て「自然葬」です。

日本は本来、自然崇拝であり、仏像を拝むような文化はありませんでした。

 

江戸時代から自然葬が基本

 

仏教が入ってきてから、神道と仏教が共存し、今のようなお墓文化が生まれています。

 

文化は受け継ぎ、大事にする事が大事です。

しかし、

 

 

どうしてもお墓を守れない、墓じまいするしかない人もいます・・・

 

お墓がなくても良い悪いではなく、死んだ後、子孫に対してどうしたいのか?

残された人に対して、何ができるのか?

 

考える時代になっていると言えます。

 

まとめ

海洋散骨は違法ではありませんが、きちんと決まっている法律がない状態です。だからこそ、業者のモラルが問われます。現代の日本は、墓じまいなどの問題が多くあります。

散骨は新しい供養の方法です。今後、より多くの人が散骨や樹木葬を選ぶ時代になるのではないでしょうか?

 

【人気記事一覧01】

戒名は必要なのか?

檀家制度はなくる?

死後貯金してますか?

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

ディズニーランドに散骨?

お墓の未来について

手元供養の注意点

 

 

 

お申し込みは、今すぐ、下記までお問い合わせくださいませ。

 

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

お墓を子々孫々まで受け継いでいく意味とは

お墓を子々孫々まで受け継いでいく意味とは?

お墓をついでいく・・・当たり前の事ですが

今、墓じまいをしている家庭が増えています

なぜ海洋散骨をおすすめするのか

なぜ海洋散骨をおすすめするのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中でも海洋散骨はあるメリットがあります

終活とはどんな活動をするのか?

終活とはどんな活動をするのか?

テレビや雑誌などでも時折取り上げられるので聞いたことがある方も

多いのではないでしょうか。「エンディングノートを書きましょう」...

散骨場所の定義とは?

散骨する場所はどこでも良いのか?

違法な散骨場所とはどこなのか?

トラブルにならない為の散骨場所を紹介します。

納骨堂が破綻する?

霊園や納骨堂は破綻や倒産はするのか?

そんな時、預けた遺骨は?

実際に破綻や倒産した霊園などがあるのです。

死後貯金してますか?

死後貯金してますか?

死んだらお金が掛かってきます。

自分の葬式代金の見積もりを知っていますか?

散骨は法律で認められているのか?

散骨とは何か?

散骨は法律で認められているのか?本当はどうなのか?

散骨をおこなう上での注意点とは

樹木葬を考えていたご婦人のお話

樹木葬を考えていたご婦人のお話

家の近くに新しくハンコ屋さんがあったので、行ってみました。

中に入ると、出迎えてくれたのが、60代のハンコ屋さん。

永代供養は永遠ではない

永代供養は永遠ではない

永代供養はどんなサービスなのかご存知でしょうか?

永代供養は寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法のことを言います

0葬は今後普及していくのか

0葬は今後普及していくのか

お墓にお金をかけない、お布施にお金をかけない

ゼロの葬儀をゼロ葬といいます

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ