戒名とはいったい何か?

戒名とはいったい何か?

戒名(かいみょう)とは何か?お葬式などでよく聞く言葉ですが、戒名(かいみょう)とはいったい何の事でしょうか?そして、本当に必要なのでしょうか?

 

-CONTENTS-

戒名とはいったい何か?

戒名はお金でランクが決まる

戒名はそもそも必要なのか?

戒名につきまとうお布施とは?

戒名は自分で付けてよい?

もう、戒名はいらない

まとめ

 

戒名とはいったい何か?


戒名とは仏様の弟子になった時につける名前です。

本来であれば生前に修行をかさね、その結果が認められた時に僧侶からつけて貰えるのが戒名(かいみょう)なのです。

 

戒名(かいみょう)は、仏教において、戒を守ることを誓った(受戒した)者に与えられる名前である。

仏門に入った証であり、戒律を守る証として与えられる。

 

戒名の授与は、上座部仏教と大乗仏教の両方で行われており、

多くの場合、出家修道者に対して授戒の師僧によって与えられる。

参照:wikipedia

 

現在ではどうでしょう?

死後の世界に行って、仏様の弟子になり成仏するために付けるのが戒名だと思われています。

これは大変です。

 

戒名がないと成仏できないではないですか!!!

 

仮に死後の世界があって、戒名がないまま亡くなった方はどうなってしまったのでしょうか…

そのような人を仏は救ってくれないのでしょうか?

知っている方がいたら是非とも教えて頂きたいところです...

 

戒名にはランクがある

お金でランクが決まる


ありがたい事…?なのか、高額なお布施を寺院に納めると、なんとランクの高い戒名を授けてもらえます。

戒名は平等ではないようです。

戒名はお布施の金額によってランクが決まるシステムなのです。

では戒名の相場を一部ご紹介いたします。

 

浄土宗 

信士・信女 30~40万円

居士・大姉 50~60万円

院信士・院信女 70万円~

 

浄土真宗

信士・信女 20万円~ 

居士・信女 50万円~

 

真言宗

信士・信女 30~50万円

居士・大姉 50~70万円

院信士・院信女 80万円~

院居士・院大姉 100万円~ 

 

日蓮宗

院信士・院信女 30~50万円

院居士・院大姉 100万円~ 

 

また、戒名は宗派によって呼び名などが変わります。

浄土真宗では法名 日蓮宗では法号といいます。

そもそも戒名のランクとは何なのでしょうか?

お布施などの金額の違いだけではないのでしょうか?

 

仏門に入った証の戒名にランクがあるのならば…

仮に死後の世界に行った時にランクで差別や区別されてしまわないか?

心配で夜も寝れません。

 

天国に行くにも、お金が必要なようですね!!!

 

仏教徒で戒名がないまま亡くなった方と、最上級の戒名を与えられた極悪人!

死後の世界での違いを知っている方がいたら、こちらも是非教えて頂きたいです。

本来であれば生前に寺院に多大な貢献をしていたり、社会的な地位が高かった人がランクの高い戒名を授けてもらうことが当たり前でした。

しかし現在では、
 

高額のお布施を寺院に納めることによって


ランクの高い戒名を授けてもらう・・・

これはもう、戒名ビジネスが成り立っている・・・

と言っても過言ではありません。

 

戒名はそもそも必要なのか?

戒名など全く必要はない!


仏教徒でなければ戒名な必要ありません。

神道やキリスト教などを信仰している方は仏門に入ることはないでしょうから戒名は必要ありません。

また、戒名は仏の弟子になる為に名付けられるものです。

よって、無宗教無神論者であればこの場合にもつける必要はありません。

以前おこなわれたアンケート結果によると戒名を必要とするかとの質問に対して「必要」と答えた割合は約50%「不必要」も約50%となっています。

 

年代別に見ると20~60代以上の方は「不必要」に60%以上の回答があります。

70代以上では70%が「必要」だと回答しています。

これらの結果から、高齢者ほど戒名は「必要」だ・・・と考えているようです。

逆に中高年や若年層世代では、戒名は「必要ない」又は「必要ないのでは」と考えていることがわかります。 

:戒名は必要ない

:若い人は、必要性を感じてない

:無宗教の人は戒名がいらない

 

戒名につきまとう高額なお布施

戒名=お布施

このイメージは誰しもが抱くと思います。

高額なお布施を請求された。」などの言わば都市伝説的なイメージ

実際に高額請求された方とはお会いしたことはありませんが噂で聞いた事がある程度の話です。

しかし『火のない所に煙は立たぬ』と言います。

実際に請求された方は少なからず居るのでしょう。

今では戒名のお布施と言う名の金額をはっきりと提示してあるお寺もあります。

お気持ちで…」と言われ支払うお布施の金額がわからないよりよっぽど良心的です。

明朗会計で納得して戒名を授けてもらうことが出来ます。

この「お気持ちで…」が厄介なのではないでしょうか。

戒名にはある程度の相場はあるようですが決められた金額などはありません。

では仮説ですが裕福でない方がなんとかかき集めた1万円があったとしましょう。

その1万円はその方にとっては大変な思いで集めた大切なお金です

「1万円しか納めることができませんがこれで戒名を…」

そう聞いて快く戒名を授けてくれる僧侶が存在するのでしょうか?

今の戒名ビジネスでは誰も引き受けてくれないのが現状だと考えられます。

 

逆にとても裕福な方が200~300万円ポーンと包んで

「これで戒名を授けて下さい。」

そう頼べば笑顔は出さないにしろ、最高ランクの戒名を授けてもらうことが出来るはずです。

大袈裟な仮説ですが 戒名=お布施 のイメージとはこうではないでしょうか。

所詮、戒名とはある程度の相場が決められたお布施の金額で結局は決まってしまうのです。
 

戒名は自分で付けてよい?

なにも戒名は僧侶から授けてもらはなくても良いのです。

なんとなく僧侶から授けてもらうことで、有難みがあるような気になっているだけです。

本当は、自分で戒名を付けることは可能なのです。

自分で自分の戒名をつけても良いですし家族につけてもらっても何ら問題はありません。

落語家の立川談志さんは生前に自らの戒名を

立川雲黒斎家元勝手居士 (たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)

と決めていたそうです。

 

戒名は菩提寺の僧侶または、葬儀で読経してくれた僧侶に授けてもらうことが一般的です。

しかしこれは法律で決まっているワケでもありませんし戒名を授ける資格なども存在しません。

したがって、好きな文字を使って自分や家族へ戒名をつけても全く問題はないのです。

 

戒名無料作成サービス>>

 

このように無料で戒名を作ってくれるサイトは沢山存在しますので試しに自分の戒名を作ってみてはいかがでしょうか。
 

 

戒名はいらない

無駄なお金は払わなくて良い


戒名をつけるためにかかる費用は数十万円から100万円ほどかかります。

残された家族にしてみたら、戒名がなどいらないわけです。

戒名もいらないし、そもそも、お墓もいらない。葬儀もやらい。それでも本来は、問題がないのです。

日本人は世間を気にしすぎて、意味のないしきたりを大事にしすぎなのです。

守るべき文化やしきたりは他にもっとあるのではないでしょうか!!!

 

まとめ

いわゆる一般的な認識では、死んだ後に何だかよくわからないが僧侶に付けてもらうありがたい名前が戒名になっています。

仏教への信仰心があった方ならいざ知らず、亡くなった後にだけ仏教徒になってしまう今の風習には、いささか疑問を抱いてしまいます。

信仰心のある方や裕福な方ならば戒名を授かるは良い事でしょう。

しかし縁もゆかりもないお坊さんが、たまたま授けたよく意味の分からない戒名。

そんなモノに高額なお布施を渡してありがたみがあるのでしょうか?

 

それならば先祖や親から授けて頂いた本名のほうがよっぽどありがたいと思います。

 

仏教徒でもなく信仰心も然程ないのに自分の名前を捨ててまで授かる戒名の意味…疑問に思いませんか。

 

お布施の金額でランクが決まってしまう現在の戒名と言う名のビジネススタイル

 

それでも皆さんは戒名が欲しいですか?

 

関連記事:檀家制度は本当に必要なのか?

 

 

【人気記事一覧 01】

LGBTのお墓問題!

檀家制度はなくる?

散骨による風評被害

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

戒名は必要なのか?

お墓の未来について

超音波で遺骨が砕ける?

 

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

献体で葬儀費用が

献体で葬儀費用が無料に

献体(けんたい)とは、医学および歯学の発展のために

自分の身体を解剖の研究に使ってもらう事なのですが・・・

遺骨の最後とは

遺骨って最後はどうなるのか?

遺骨が最終的にどうなっているのか?知っていますか?

今回は、業界の謎に迫ります

なぜ海洋散骨をおすすめするのか

なぜ海洋散骨をおすすめするのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中でも海洋散骨はあるメリットがあります

散骨業者には種類とは?

散骨業者の種類を知っていますか?

大きく分けて3種類に分類されます。

騙されない為にもその違いを見抜きましょう!

死後貯金してますか?

死後貯金してますか?

死んだらお金が掛かってきます。

自分の葬式代金の見積もりを知っていますか?

遺骨は最後にどうなるのか?

遺骨は最後にどうなる?

遺骨の最後の最後を知っていますか?

「遺骨の最後」についてが衝撃でした

納骨堂が破綻する?

霊園や納骨堂は破綻や倒産はするのか?

そんな時、預けた遺骨は?

実際に破綻や倒産した霊園などがあるのです。

お墓がなくても大丈夫?

お墓がなくても大丈夫?

俺が死んだら骨は捨ててくれ・・・

どうしたらいいのか・・・

遺骨処分と海洋散骨

遺骨を処分したい…

実際にある相談なのです。

散骨は遺骨処分の受け皿なのか?

消えゆくお墓文化!

お墓は文化として守るものなのか?

そもそもお墓の歴史は永くない!

先祖を想う気持ちとお墓は別物である。

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ