火葬場で残った遺骨はどうなるの?

火葬場で残った遺骨はどうなるの?

現在の日本では、故人が亡くなり火葬後にご遺族やご親族の故人様のお骨を拾って、骨壺に納める収骨(骨上げ)を行います。

火葬場で収骨をした経験を持つ人は多くいると思います。

そこで、ふと疑問に思ったことはないでしょうか?

「残った遺骨や灰はどうなってしまうのか…?」

骨壺に収まらなかった遺骨や灰はいったいどうなってしまうのでしょうか。

 

~目次~

残骨灰とは?

火葬場(斎場)によって供養される?

売却される遺骨(残骨灰)

遺骨は処理されてしまう!

全収骨と部分収骨

遺骨(残骨灰)は誰のモノ?

まとめ

 

残骨灰とは?

残骨灰

火葬後に骨壺に収めずに残った遺骨や灰のことを『残骨灰』いいます。

残骨灰を遺骨だと考えれば、亡くなった人の一部であると思われます。

しかし、もう収骨はしたのだから残骨灰は「廃棄物では?」と考える人もいます。

そもそも遺骨である『焼骨』であれば厚生労働省の管轄になりますが、残骨灰については管轄外だとされています。

その厚生労働省によれば

 

宗教的感情の対象として扱われる場合は廃棄物ではないが、宗教的感情の対象として扱われない場合は廃棄物とすること。

 

とあり、宗教的感情の対象外であれば廃棄物として扱われてしまうことになってしまいます。

 

火葬場(斎場)によって供養される?

火葬場(斎場)によって供養される?

多くの火葬場では敷地内の「残骨灰永代供養墓」に埋葬されるか、厚生労働省認可の自然サイクル保全事業協同組合により、全国に数ヶ所ある寺院に設けられた「全国火葬場残骨灰諸精霊永代供養塔」に集められて埋葬されることが一般的です。

この「全国火葬場残骨灰諸精霊永代供養塔」は千葉、静岡、石川、の3県にあり北海道を除く46都道府県の残骨灰の供養に対応しています。

しかし地域により残骨灰の発生率も変わりますが、毎年10トン以上の残骨灰の処理をする都道府県もあるようです。

ひとつの地域から毎年10トン以上の残骨灰です。

 

全てではないですが、全国から集まると思われる3か所の「全国火葬場残骨灰諸精霊永代供養塔」だけでこれからも対応するには限界があるのではないかと思われます。

 

売却される遺骨(残骨灰)

売却される遺骨

火葬後に発生した残骨灰は全てがそのまま供養されている訳ではありません。

自治体によっては中間処理を業者に委託し、残骨灰を売却を行います。

売却される遺骨

残骨灰には金歯や銀歯などの有価金属(金・銀・プラチナ・パラジウム)が含まれており売却益は自治体の収入源となります。

その売払により得られる収入は、全額または一部を斎場の運営費に使い、斎場の利用環境向上等に使用されているようです。

灰になったとはいえ遺体の一部を業者に処理を委託するにおいても、ゼロ円や1円といった超低額で契約が成立するケースなどもあり、これらの委託方法については賛否両論あるかと思われます。

 

遺骨は処理されてしまう!

遺骨は処理されてしまう!

遺骨(残骨灰)には有害なダイオキシンや六価クロムなどが含まれていることがあります。

その為、残骨灰処理業者によってキチンと処理されています。

その後は圧縮された残骨灰は処理業者から払い下げされ、植物の栄養として肥料などとして処理することもあるようです。

 

全収骨と部分収骨

全収骨と部分収骨

火葬後の焼骨を全て骨壺に収める全収骨か、喉仏のように主要な骨だけを骨壺に収める部分収骨かで収骨の方法に違いがあります。

主に東日本では全収骨の地域が多く、西日本は「部分収骨」の地域が多いとされています。

西日本は部分収骨の地域が多いので、収骨をせずに焼骨は全て火葬場(斎場)にて処理をしてもらうという方法もあるようです。

しかし東日本では全収骨の習慣が根強く、遺骨を引き取らないことは難しいようです。

また当然ではありますが、西日本では部分収骨の地域が多いため残骨灰の発生率も多くなります。

 

遺骨(残骨灰)は誰のモノ?

遺骨(残骨灰)は誰のモノ?

残骨灰の所有権は各自治体、市町村とされています。

しかし残骨灰の扱いについては明確に法律で定められていない為、厚生労働省の通達を基準に各自治体判断において、処理されているのが現状のようです。

実際に残骨灰を売却している自治体もありますし、売却していない自治体もあります。

業者に処理を委託している自治体など対応は多岐にわたります。

昔は、裏山や敷地内に捨てるなど不適切な処理を行っていた所あったようですが、今では適切に処理されているようです。

 

まとめ

残骨灰は法律上の位置付けがありません。

しかし遺骨の残りは、各地の自治体や組合や業者によって適切な方法で処理されています。

植物などの肥料に利用されることもあるようで「自然に還っていく」とも考えられますが、骨壺に納められた遺骨とは別に処分されているのです。

残骨灰は遺骨と見なさないという裁判の事例もあります。

体の一部であった残骨灰がご遺族やご親族の意に反する処理をされても文句は言えません。

コロナ禍の影響かは定かではありませんが、葬儀場にて収骨(骨上げ)をしない相談は月に10件前後の割合であるようです。

「家族葬」「直葬」「ゼロ葬」などの言葉が注目されるあたり、「収骨をしない!」という方法が増えてくるかもしれません。

当たり前だと考えられていた『遺骨をお墓に納める文化』は徐々に廃っていくことでしょう。

死後にお金をかけない供養方法を考えてみては如何でしょうか。

供養方法は人それぞれ様々なのですから。

 

 

関連記事:遺骨の最後を知っていますか?

 

 

【人気記事一覧 01】

骨の収骨拒否は出来る?

遺骨を手渡しする安心感!

檀家制度はなくる?

戒名は必要なのか?

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

墓じまいの費用とは?

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

お墓の未来について

LGBTのお墓問題!

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

 

旦那のお墓は・・・女性のお墓に対する考え

今までの檀家制度は先祖のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は、夫側のお墓に入る。 今まで当たり前だった、そんなお墓の習慣を疑問に思う女性が増えている事をご存知ですか?

 

 

散骨業者の選び方とは

散骨業者の選び方とは

散骨をしたいけれど、どの業者を選んだら良いのか

分からない?そんな方はこちらをぜひ!!!

なぜ海洋散骨をおすすめするのか

なぜ海洋散骨をおすすめするのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中でも海洋散骨はあるメリットがあります

遺骨処分と海洋散骨

遺骨を処分したい…

実際にある相談なのです。

散骨は遺骨処分の受け皿なのか?

故人の遺骨を粉骨したい

故人の遺骨を粉骨したい

故人の遺骨を粉にしたいと思うけれど・・・

なんだか忍びない・・・とお悩みの方へ

信仰心は薄れているのか?

信仰心は薄れているのか?

日本人の信仰心、宗教的思想とは?

現在では葬儀の簡素化やお墓に入らないなどの変化が表れています。

お墓の先入観はなくならない

なぜお墓に入る事を当たり前だと思うのか?

その先入観はどこから来るのでしょう?

周りと同じで…良いんですか?

ドローン散骨は可能なのか

ドローン散骨は可能なのか?

将来的には、ドローンでの散骨はできるのか?

ドローンの着せについてなど考えてみました

海洋散骨を希望するのはどんな人?

海洋散骨を希望するのはどんな人?

海洋散骨を希望する方は年々増えている事を知っていますか?

10年前と比べると海洋散骨を選ぶ人が倍増しています

散骨後の供養はどうするの

散骨後の供養はどうするの?

散骨後に供養するにはどうしたらいいのか?

遺灰などは残しておいた方がいいのか?

献体で葬儀費用が

献体で葬儀費用が無料に

献体(けんたい)とは、医学および歯学の発展のために

自分の身体を解剖の研究に使ってもらう事なのですが・・・

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【千葉県の散骨地域について】

散骨、海洋散骨の一凛では千葉県の、千葉市、千葉市中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市緑区、千葉市美浜区、船橋市市川市、浦安市、市原市、柏市、松戸市、 流山市 、野田市、鎌ケ谷市、銚子市、 館山市、木更津市、成田市、 佐倉市 、東金市 、旭市、 習志野市 、勝浦市 、八千代市、 我孫子市、 鴨川市、 君津市 、富津市 、四街道市、 袖ケ浦市、 八街市、 印西市、 白井市、 富里市、 南房総市、 匝瑳市、 香取市、 山武市 、いすみ市、 大網白里市、 酒々井町、 栄町、 神崎町、 多古町、 東庄町、 九十九里町、芝山町、 横芝光町、 一宮町、 睦沢町、 長生村、 白子町、 長柄町、 長南町、 大多喜町、 御宿町、 鋸南町、 などで散骨をしております。千葉県にお住まいで、遺骨、納骨でお困りの方。墓じまいして、骨をどうにかしたい方のお悩みにお応えしております。

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ