死後格差とは?

死後格差とは?

死後格差とは何か?
 

世の中は格差社会だと言われています。
 

経済格差 地域格差 給料格差 一票の格差
 

いろいろな格差がありますが死後格差に付いては知っていますか?  
 

死後格差とはなんでしょうか。
 

それは故人が亡くなったあとに発生する格差のことです。

死後格差とは?

日本では人が死ぬと結構なお金が掛かってきます。 
 

葬儀にお墓に戒名やら… と気が付いたら、結構な金額になっている事が多くあります。
 

死んでまで・・・と思いますが、それが現実です。

葬儀にかかる費用は、平均195万円かかると言われています。

これは2017年の調査結果の金額です。

葬儀に120万、飲食接待費用に30万、寺院の費用に45万ほどかかるようです。

195万円ときいて、あなたはどう思いますか? 

私は、「かなり高い・・・」と正直に思いました。

いくらなんでも・・・という感じです。

「故人」にかかる費用は、家族、故人の考え方によって違ってきます。

盛大にお葬式をやりた人もいれば、家族だけでお葬式がしたい人もいます。

葬儀にも、高いものから、安いものまで、様々なプランがあります。
 

死後格差とは?

お墓を建てるのにも墓石の種類や場所によって価格は大きく変わります。
 

「戒名」に至ってはお布施の金額によってもらえる称号が違います。

お金を払えば天国にいけるのでしょうか?

それが正しいならどんな悪人でも


『お金を払えば天国に行ける。』という理屈になります。

仏教とは、そんな考え方だったのでしょうか?

本当に馬鹿げた話です。
 

生前どんなに善人であってもお金がないと、戒名すらしてもないのです。

そんなバカな・・・と思うのは、私だけでしょうか?

死後格差とは?

今のシステムは、

人に恨まれ悪事の限りを尽くした極悪人でも

多額の「お布施」を払えば最上級の称号がもらえる!!

素晴らしい考えです。 

仏教の教えとはそんなものだったのでしょうか…

詳しい方がいたら是非、教えて頂きたいものです。

 

死後格差とは?

この戒名のランクと金額のシステムは

理解に苦しむシステムです。


歴史的にみると、江戸時代は「武士階級以上」に対して居士・大姉を付けていたようです。

庶民に対しては信士・信女を付けるのが一般的でした。

もう、この時点でおかしいです。 人を階級で区別しています。

武士が偉く、庶民が下などという事は、本来ありません。

江戸時代も、どれだけ歪んでいたのか・・・

と思います。

まぁ時代が時代だったのでしょうがない事なのかもしれません。

実際に

「  戒名についてですが、何の意味があるのか良く分かりません。」

という声がたくさんあります。

そうです、誰がどう考えても、おかしい制度なのです。

「戒名は」商売としてやっている!

としか言いようがないと思われませんでしょうか。

 

【変化する弔い方】

しかし最近では葬式にはお金を掛けずに直葬や家族葬などで価格を控えることも一般的になっているようです。
 

そしてお墓を持たずに納骨堂や樹木葬に散骨など弔い方にも変化が表れています。
 

死後格差とは?

戒名はいならない。」そんなんな話もちらほら聞くようになりました。
 

やはり収入格差の影響と葬儀などにお金を掛けることを疑問に思う方が増えたからこそ弔いの形が変わってきているようです。
 

故人や遺族が望むのであれば全てにお金を掛けて弔うことに否定はしません。 
 

しかしお金が無ければそうはいきません。
 

死後格差とは?

どんなに望んでも思うような葬儀や弔い方は出来ないのです。
 

財産の有無で死んでまでも格差がある。まさに死後格差ではないでしょうか。
 

死後格差とは?

あの世に行くには三途の川を渡るのに六文銭がいるそうです。

あの世があるかはどうかは別として
 

六文銭がないとあの世にも行けないのです。
 

地獄の沙汰も金次第…昔の人は良く言ったものです…

 

【まとめ】

死後格差という表現 
 

ちょっと大袈裟な言い方にしましたが人は死んだ後にもお金が必要です。
 

そして、どれだけお金を掛けるかで死後の格差が生まれます。
 

生前故人が望んでいて財産を残しているのであれば思うように葬儀などを執り行えば良いでしょう。 
 

しかし世間体を気にするあまり無理してお金を掛ける必要はない時代になってきています

みんなと一緒
...  一般的だから... 周りの目がきになって...

残された遺族が無理をする必要はないと思います。
 

自分達らしい弔い方でいいのでは?」 
 

そう思っているのはアナタだけではないのですから。

 

関連記事:檀家制度は本当に必要なのか?

 

 

【人気記事一覧 01】

LGBTのお墓問題!

檀家制度はなくる?

散骨による風評被害

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

戒名は必要なのか?

お墓の未来について

超音波で遺骨が砕ける?

 

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

献体で葬儀費用が

献体で葬儀費用が無料に

献体(けんたい)とは、医学および歯学の発展のために

自分の身体を解剖の研究に使ってもらう事なのですが・・・

遺骨の最後とは

遺骨って最後はどうなるのか?

遺骨が最終的にどうなっているのか?知っていますか?

今回は、業界の謎に迫ります

なぜ海洋散骨をおすすめするのか

なぜ海洋散骨をおすすめするのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中でも海洋散骨はあるメリットがあります

散骨業者には種類とは?

散骨業者の種類を知っていますか?

大きく分けて3種類に分類されます。

騙されない為にもその違いを見抜きましょう!

死後貯金してますか?

死後貯金してますか?

死んだらお金が掛かってきます。

自分の葬式代金の見積もりを知っていますか?

遺骨は最後にどうなるのか?

遺骨は最後にどうなる?

遺骨の最後の最後を知っていますか?

「遺骨の最後」についてが衝撃でした

納骨堂が破綻する?

霊園や納骨堂は破綻や倒産はするのか?

そんな時、預けた遺骨は?

実際に破綻や倒産した霊園などがあるのです。

お墓がなくても大丈夫?

お墓がなくても大丈夫?

俺が死んだら骨は捨ててくれ・・・

どうしたらいいのか・・・

遺骨処分と海洋散骨

遺骨を処分したい…

実際にある相談なのです。

散骨は遺骨処分の受け皿なのか?

消えゆくお墓文化!

お墓は文化として守るものなのか?

そもそもお墓の歴史は永くない!

先祖を想う気持ちとお墓は別物である。

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ