散骨とは何か

散骨とは何か?

近年、注目されている散骨。お墓を持たない、維持しない、継がせない人が増えたので、近年注目されるようになりました。そんな散骨ですが、メリットやデメリット、散骨をするときに気を付けるべきポイントがあります。

今回は、いま注目されている散骨について学んでいきましょう。

 

 

散骨

散骨とは何か?

注目されている散骨。お墓を持たない、維持しない、継がせない人が増えたので、近年注目されるようになりました。散骨とは、お墓を持たない新しい葬儀の方法です。

 

 

きちんと管理されているお墓はいいですが、高齢でお墓に行けない・・・

お墓が遠くて、管理ができない・・・

 

景気が悪くて管理費が払えない・・・

子供にお墓を継がせると大変だから・・・など、お墓を選ばないという選択肢が実は増えている事をご存知でしょうか?

 

お墓を作るのではなく、骨を自然に返す事を散骨と言います。

 

骨を自然に返す

お墓は維持費がかかる

墓じまいが増え、散骨が増えている

 

散骨のメリットとは?

とにかく費用がかからない

散骨の最大のメリットは、費用がかからない事ではないでしょうか?

普通にお墓を建てようとすると、100万前後かかかる事が普通です。さらに、毎月、管理費がかかります。

 

樹木層やビル型の納骨堂でも、管理がかかるのが普通です。

しかし、散骨は、一度巻いてしまえば費用はかかりません。墓じまいをする人にも人気があります。

 

3万円前後で手放せる

 

 

 

散骨のデメリットとは?

お墓がない事

お墓がない・・・というのがデメリットになります。

お墓がないので、お墓詣りという概念が一気になくなってしまいます。しかし、これは考え方次第です。参拝する対象とは、石である必要などありません。

 

1年に数回しか行かないのに、立派な墓を建てる事じたいが、時代に合っていないのではないでしょうか?

 

 

散骨ができる場所とは

基本的には海に散骨します

散骨ができる場所と言えば、海です.

基本的に海であれば、迷惑がかかる事がありません。陸地で散骨をすると、いろいろと問題があります。

 

自宅の庭に骨をまきたい・・・と思う方もいるかもしれませんが。

家にまくと、後々問題になる可能性があります。

 

散骨してはダメな場所とは?

山や森に勝手にまいてはダメ

散骨をする場合、国や第三者が所有している山や森などの土地に遺骨をまいてはいけません! 所有者が存在しない土地は日本にはありません。

 

必ず誰かが所有しています。 個人で所有している山もあるのです。 骨を勝手にまく事は、原則として禁止されています。

「禁止」と言うよりトラブルの原因になるので、やってはいけません。 撒いた遺骨に土や枯れ葉などをかけてもダメです。

これは、遺骨を埋めたとみなされます。

 

 

遺骨を勝手に自由な場所に撒くことは、「遺棄罪」または「死体損壊罪」になる可能性があります。

 

日本という国は法律が厳しいのです。

 

 

他人の土地に勝手に散骨して訴えられた場合、裁判ではまず勝てることはないでしょう。 日本の国土で誰の所有物でもない場所は存在せず、必ず国や市町村、団体や個人が所有しています。

 

その為、どうしてもその土地に散骨したいのであれば土地の所有者に許可をとらなければいけません。

 

 

 

埼玉県の「秩父市」は平成17年に条例を作り、「散骨」が禁止されました。 これは、違法に散骨をする人が後を絶たなかったからです。

 

秩父は夜になると暗くなり、不法投棄をしやすい環境でもあったので このような処置を取らざるを得なくなったようです。

 

 

 

その一方で北海道の岩見沢市は平成19年に、作物を守るために、農作物に影響がでない範囲で撒くのであれば、「散骨」しても良いとされています。

 

実際に散骨を条例で禁止している自治体もありますがそれは業者に対する禁止の条例で個人には適合外だったりします。

 

思い出の土地に散骨したいのであれば、各自治体に問い合わせてみると良いかもしれません。

 

散骨を選ぶ人とは?

理由は人によってかなり違う

旦那が先に死んでしまい、再婚をしたい。だけれど、遺骨があって、なんとなく・・・という方。

お墓の管理が負担になるので、子供に継がせたくない・・・

 

親が死んで、遺骨を処分したい・・・というように、理由はいろいろとあります。

 

海が好きだから、だけじゃない

お墓を継がせたくない

実は、骨を処分したい人が多い

 

散骨以外の自然葬とは?

墓石の代わりに、樹木を

墓石の代わりに、樹木を

自然葬には、いくつか種類があります。その中でも有名なのが、「樹木葬(じゅもくそう)」ではないでしょうか?樹木葬とは、お墓の代わりに木を植えて供養をするスタイルです。

 

今から20年程前から始まった比較的に新しいお墓の形です。最近のお墓事情を知っている方にはおなじみかもしれません。

 

石のお墓だけではない

散骨の方が安くカンタン

お墓の形も変化している

 

散骨のまとめ

墓じまいが増えるにつれて、散骨の依頼件数が増えています。

地方では、檀家離れが増えて、お寺を維持できない・・・という現状になっています。今後、日本はもっと景気が悪くなります。すると、お墓を手放す人も必然的に増えていくのではないでしょうか?

 

日本の転職者は300万人を超えています。人生も、仕事も、お墓も選ぶ時代になった・・・という事ではないでしょうか?

 

 

お申し込みは、今すぐ、下記までお問い合わせくださいませ。

 

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

 

 

樹木葬とは何か?

樹木葬とは何か?

墓じまいをする人が増えるにつれて樹木葬を検討する人が

けっこう増えている事をご存知でしょうか?

墓じまいに関する知識!

お墓を放置するとどうなるのか?

納められた遺骨はどうなるの?

墓も遺骨も処分されてしまうのでしょうか?

樹木葬も色々あるようですね

これが樹木葬なのか?

お墓よりも安く、最近人気になっている樹木葬

樹木葬もイロイロあるようで、最近では...

戒名は必要なのか?

人は死んだら戒名は必要なのか?

戒名と言う名のビジネスでは?

洗脳されてはいけない戒名ビジネス!

遺骨は最後にどうなるのか?

遺骨は最後にどうなるのか?

遺骨の最後はどうなるのか、ご存知でしょうか?

NHKで放送された「遺骨の最後」についてが衝撃でした

散骨は違法なのか?

グレーゾーンだと言われる散骨

そもそも散骨行為は違法なのか?

散骨はルールを守らないと違法行為になる?

遺骨処分

遺骨を処分したい?

手元にある故人の遺骨。どうにか処分したい

と思っている。実はそんな人が多いらしい

散骨とは

散骨とは何か?

都市部で増えている墓じまい

それと同時増えているのが実は散骨

棺桶がネットで買える

棺桶がネットで買える?

棺桶がネットで買える??火葬をするときに必要な棺桶

その棺桶がなんとネットで買える??

女性達のお墓事情

女性達が考えるお墓の事情とは?

死んでまでも旦那や姑と一緒はイヤ

女性達のお墓事情が今、浮き彫りに!

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ