散骨できる場所とできない場所とは?

散骨にもルールがある

墓じまいが増えている現代では、お墓にはいらずに「散骨」をする。という選択肢も増えています。

しかし、日本では、どこでも骨をまいたり埋めたりしていい訳ではありません。

遺骨は、散骨できる場所とできない場所があります。

 

散骨できない場所とは?

散骨できない場所とは?

 

山や森に勝手にまいてはダメ

散骨をする場合、勝手に他の所有者がある山や森などに遺骨をまいては行けません。

これは原則禁止されています。

禁止と言うよりトラブルの原因になりかねません。

撒いた遺骨に土や枯れ葉などをかけてもダメです。

遺骨を埋めたとみなされます。

遺骨を勝手に自由な場所に撒くことは、「遺棄罪」または「死体損壊罪」になる可能性があります。

日本という国は法律が厳しいのです。

日本の国土で誰の所有物でもない場所は存在せず、必ず国や市町村、団体や個人が所有しています。

その為、どうしてもその土地に散骨したいのであれば土地の所有者に許可をとらなければいけません。

 

埼玉県の「秩父市」は平成17年に条例で「散骨」が禁止されています。

その一方で北海道の岩見沢市は平成19年に、作物を守るために、農作物に影響がでない範囲で撒くのであれば、「散骨」しても良いとされています。

実際に散骨を条例で禁止している自治体もありますがそれは業者に対する禁止の条例で個人には適合外だったりします。

思い出の土地に散骨したいのであれば各自治体に問い合わせてみると良いかもしれません。

 

散骨できる場所とは?

 

海は大丈夫

海は散骨しても大丈夫な場所とされています。しかし、それでもマナーが必要です。

「土地ではないので所有権は存在しない」という最高裁の判例がありますがどこにでも散骨しても言い訳ではありません。

ある程度沖に散骨しましょう。というルールがあります。

海水浴場や海の中にある養殖場付近での散骨は避けなければなりません。

海産物や海水浴場への風評被害などでのトラブルになる可能性も否定できないからです。
 

しかし、このルールも守る業者と、守らない業者があり、問題となる場合があります。

だからこそ、業者を選ぶ場合は、モラルを守る必要があります。

 

まとめ

自然葬や墓じまいが増えている現在、散骨は法律では少しグレーな部分があったりします。

沖合いの海は散骨しても大丈夫なので、散骨を考えている場合は、海に散骨してくれる業者を選んでおくと安心かもしれません。

しかし今後、散骨に対する法律が変わる可能性もゼロだとは言い切れません。

しっかりと学んで、ルールを守り散骨する事が大事と言えます。

 

 

 

【人気記事一覧 01】

死後格差とは何か?

お墓に入りたくない女性達の本音

お墓の未来について考えてみた

終活ブームの裏にある迷惑というキーワード

遺骨の処分問題は深刻である

 

【人気記事一覧 02】

ディズニーランドに散骨出来るのか?

ドローン散骨は可能なのか?

遺骨の六価クロム処理は必ず必要?

遺骨の最期を知らない方へ

変わらないお墓の先入観

 

 

散骨する時期

散骨する時期はいつがいいのか?

墓じまいをするとき、引越し、気持ちの整理がついたとき

散骨をするタイミングは人それぞれです

散骨をするのにどんな書類が必要なのか

散骨をするのにどんな書類が必要なのか?

海洋散骨をする際にどのような手続きが必要なのでしょうか。

まず知っておいてほしいのが、役所などで手続きをすることはありません。

散骨できる場所とできない場所とは?

散骨できる場所とできない場所とは?

山や海に勝手に散骨をしていいのか?ダメなのか?

散骨のよくある疑問が分かります

葬儀後の給付金制度について知ろう

葬儀後の給付金制度について知ろう

誰でも受け取れるのか?葬祭費給付金制度や

給付金について細かく知ろう

戒名は必要なのか?

人は死んだら戒名は必要なのか?

戒名と言う名のビジネスでは?

洗脳されてはいけない戒名ビジネス!

檀家制度は必要か?

なぜ檀家制度でトラブルになるのか?

高額な離壇料を請求されるって本当なの?

そもそも檀家制度は必要なのか?

国は散骨を許可しない?

国や自治体は散骨を許可しないのか?

進んで散骨を推進出来ない理由とは?

散骨に対する法律の問題点があるからなのか。

死後格差とは何か?

死後格差とは何か?

なぜ死んでまで格差が生まれてしまうのでしょうか?

それは残された親族の自己満足でもあるのです。

ビル型納骨ってなに

ビル型納骨ってなに?

葬儀の種類や方法は時代によって変化しています

都心に増えているビル型納骨の実態について

なぜ海洋散骨をおすすめするのか

なぜ海洋散骨をおすすめするのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中でも海洋散骨はあるメリットがあります

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ