遺骨の処分は深刻な問題である

遺骨の処分はできるのか?

遺骨の処分は出来るのか?今回は、遺骨の処分方法についてご紹介させていただきます。

 

CONTENTS

遺骨に関する法律とは?

自宅に保管している人が多い

人生は予測ができない

遺骨の処分はできるのでしょうか?

合祀される時の注意点とは?

 

遺骨に関する法律とは?

基本的には大丈夫なのですが、厳密にいうと、遺骨を処分することは法律で禁止されています。 刑法の190条に「死体損壊等」についての条文があります。

 

ここでは 【死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する】というものです。

 

 

つまり遺骨を処分する事は、明確な犯罪になるわけです。

しかし様々な事情から遺骨を処分したい・・・

手放したい・・・と思っている人が多くいることはあまり知られていません。

 

自宅に保管している人が多い

現在の日本では遺骨を自宅に保管している数は全国で推定200万件だと言われています。

 

その中には自宅で供養している方などもいますが、しょうがなく遺骨を手元に置いている人が多いのも事実なのです。

 

故人に対する心情から遺骨を処分したいが方法がわからず、押し入れの奥で異物扱いになっていることも…

 

人生は予測ができない

また近年では熟年婚などで先立たれたパートナーの遺骨のやり場に困った・・・

旦那と一緒のお墓に入りたくない・・・

入るお墓がない・・・などの問い合わせが増えていることも事実です。

 

あらかじめ予測ができないお墓や遺骨の問題!!! 当事者になって初めて考え困ってしまう… これが現実なのです。

 

遺骨の処分はできるのでしょうか?

遺骨を普通に処分しようとすると、何も知らないで処分すると処罰の対象になります。

自分一人で処分しようとするのは、ちょっと注意した方がよいかもしれません。

 

では、遺骨を処分したい、手放したい方はどうしたら良いのでしょうか?

 

 

金銭的に余裕があれば、新しくお墓を購入したり、納骨堂や樹木葬などに遺骨を納めることができます。  

 

最初に金額は掛かりますが、その後管理が出来なくなった場合、遺骨は合祀されます。

つまり、手元からは、離れたことにはなります。

 

合祀される時の注意点とは?

お墓などの撤去や合祀される時の費用は、「誰が払うのか?」など課題も残ります。遺骨の処分や手放したい方の考えとは少し違うのかもしれません。

 

どうせ合祀されるのであれば最初から合祀墓に納めることも出来ます

 

他人の遺骨とごちゃ混ぜにされてしまいますが遺骨は手元から離れ供養してもらえます。

 

費用は数万円から数十万円と幅があります。自分の考えに合った合祀墓を探してみると良いかもしれません。

 

 

故人に対する心情や金銭的な問題であまり費用を出せない出したくない方もいます。

その場合は散骨して自然に還す方法があります。 費用も2~3万円で収まることができます。

 

 

これは遺骨を処分するのではなく葬送の形として自然に還す供養のやり方です。

 

以前は散骨事態があまり知られていませんでした。

しかし、最近ではポピュラーな葬送の形のひとつです。 散骨は遺骨を海に撒くことが一般的で盛大なクルージング散骨や全てを専門業者に委託するやり方など様々です。

 

この海洋散骨には賛否両論あります。

 

遺骨処分の受け皿になっていると訴える方がいるかもしれません。

 

 

しかし遺骨の処分に困っている方々がいるのであれば葬送の形として海洋散骨をして大海原に還る。

 

これを遺骨処分ではなく葬送の形として受け止めても良いのではないでしょうか。  

 

不法に遺骨を破棄するよりもよっぽど良いと思いますが…


皆さんはどう思われますか?  

 

関連記事:遺骨が税金で処分されている?  

 

【人気記事一覧 01】

戒名は必要なのか?

檀家制度はなくる?

死後貯金してますか?

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

ディズニーランドに散骨?

お墓の未来について

手元供養の注意点

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

散骨後の供養はどうしたらいいのか?

散骨後の供養はどうしたらいいのか?

散骨後の供養はどうしたらいいのか?遺骨の供養方法には

いくつかあります。気になる海洋散骨後の供養方法とは?

海洋散骨のメリットとは

海洋散骨の本当のメリットとは

海洋散骨をすると、とにかくお墓がいらない

さらにお墓がないだけで、これだけの金額がうきます

散骨は違法なのか?

グレーゾーンだと言われる散骨

そもそも散骨行為は違法なのか?

散骨はルールを守らないと違法行為になる?

檀家制度は必要か?

なぜ檀家制度でトラブルになるのか?

高額な離壇料を請求されるって本当なの?

そもそも檀家制度は必要なのか?

散骨は法律で認められているのか?

散骨とは何か?

散骨は法律で認められているのか?本当はどうなのか?

散骨をおこなう上での注意点とは

永代供養は永遠ではない

永代供養は永遠ではない

永代供養はどんなサービスなのかご存知でしょうか?

永代供養は寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法のことを言います

観光地における散骨による風評被害

観光地などでの散骨における風評被害!

散骨はイメージダウンになってしまうことがある。

各自治体の対応策はどうなっているのでしょうか?

遺骨はディズニーにまいてほしい

遺骨はディズニーにまいてほしい

アメリカのディズニーランドでは、遺骨をパークの中に

まいている人がいるらしい?

棺桶がネットで買える

棺桶がネットで買える?

棺桶がネットで買える??火葬をするときに必要な棺桶

その棺桶がなんとネットで買える??

男女の散骨に対する違いとは?

男性と女性では散骨に対する考え方に違いがあります。

男性は歓楽的で女性は現実的!

その違いは未だに解明されていません!

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ