終活について考えてみよう

なぜ人は、終活をするのか?


終りの活動と書いて「終活」!

この言葉の意味をまずは見て見ましょう。

wikipediaで調べると以下のような事が書いてあります。
 

終活(しゅうかつ)とは「人生の終わりのための活動」の略。

 

人間が自らの死を意識して、人生の最期を迎えるための様々な準備や、

 

そこに向けた人生の総括を意味する言葉である。

参照:wikipedia

 

現在ではテレビやメディアで、何の違和感もなく『終活』という言葉を使っています。

ひと昔前までは、そんな言葉もなく、死を意識した話は、基本的にはタブーとされていました。

 

「死んだ話など縁起でもない。」


この言葉ひとつで片付けられていたのです。
 

今ではエンディングノートなど手軽に終活ができる物も多く割と自分の死に対しての向き合い方が変わってきたのかもしれません。

土地や財産などがある場合には遺言書などを残しておくと良いでしょが終活とはもっと身近なものだと考えて良いと思います。

「死ぬ準備」と言うと語弊があるかもしれませんが自分の死と向き合って何を伝え何を残したいのか!

そのことが終活ではないでしょうか。

 

高齢になるほど終活をしない?

 

なぜ終活をするのか?

 

考えたことがあるでしょうか?

終活をする人の多くは自分の死後、残された身内や家族に「迷惑をかけたくない・・・」との願いがあるように思えます。

人は死ぬと残された遺族などは忙しくなります。

ドライな表現かもしれませんが実際にそうなのです。

葬儀の手配や役所、銀行での手続きなどに追われる事となります。

正直、悲しんでいるヒマもない程に忙しくなります。

頻繁に身内の死に対する手続きなどをすることはないでしょう。

その為、残された遺族などはどのような手順で進めて良いかわからず専門的な知識を持つ葬儀社などに手助けしてもらうことが一般的です。

終活を始めるのに年齢制限などはありませんが終活を意識してくる年齢は50代から60代が多いように見受けられます。

この年代だと自分の両親などの葬儀経験があったり友人知人などの訃報で自分の死に対して意識していく年齢のようです。

それ以上の高齢者になると如何に健康で長生きするかと考えるそうです。

確かに病気などをして身内に迷惑をかけたくないとの思いなのでしょう。

間違ってはいませんがその先にある死に対するイメージは無意識のうちに遠ざけてしまっているのではないでしょうか。

いわゆるこの年代が死に対して

 

『縁起でもない!!!』

 

と片付けてしまう年齢層なのです。

 

 

【まとめ】

終活には年齢制限もありませんしルールもありません。

誰かに言われて嫌々活動することでもありません。

『終活 = 死』との考えではなく自分の死に対してどう向き合いどう活動するのかが終活なのです。

何度も言いますが「縁起でもない。」と片付けてしまっていませんか?

終活のひとつにあるキーワード
 

『残された家族に迷惑をかけない。』


これはすごく大事なキーワードだとお気づきでしょうか。

このキーワードは自分が死んだ際に残された家族への最期の礼儀だとは思います。

皆さんは終活についてどのようなお考えをお持ちですか?
 

まずは考えて見ることから始めてみては如何でしょうか。

 

関連記事:終活とはどんな活動をするのか

 

 

【人気記事一覧 01】

LGBTのお墓問題!

檀家制度はなくる?

散骨による風評被害

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

戒名は必要なのか?

お墓の未来について

超音波で遺骨が砕ける?

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

 

旦那のお墓は・・・女性のお墓に対する考え

今までの檀家制度は先祖のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は、夫側のお墓に入る。 今まで当たり前だった、そんなお墓の習慣を疑問に思う女性が増えている事をご存知ですか?

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ