日本での散骨の歴史は意外と古いことを知っていますか?

日本での散骨の歴史は意外と古いことを知っていますか?


平安時代の歴史書【続日本後紀 巻第九】には、840年に崩御した淳和天皇は、生きているうちに、自分が死んだら「散骨してくれ」と部下に命じたと記録されています。
 

淳和天皇の命により、遺体は火葬され、京都府京都市にある大原野の西山山頂で散骨されたそうです。
 

これは決して
 

日本で初めて散骨されたのが淳和天皇であるということではありません。

 

同じ【続日本後紀 巻第九】の中には、淳和天皇の近臣である藤原吉野が、散骨を思いとどまってもらうように諫めた記録も残っています。

そこには「親王以下であれば散骨の例もあるが、帝王なのにお墓を作らないなんて、とんでもない・・・そのような事例は、いままで聞いたことはない!!山稜を築くべきだ」といった説得を試みたそうです。
 

つまり、位が高い人であれば、お墓を作るのが当たり前ですが、一般の庶民は、散骨するのが珍しい事ではなかったという事です。

散骨は、昔からされていたという事です。
 

他にも万葉集の和歌の中に

 

「玉梓能 妹者珠氈 足氷木乃 清山邊 蒔散(玉梓の妹は玉かもあしひきの清き山辺に撒けば散りぬる)」

 

「玉梓之 妹者花可毛 足日木乃 此山影尓 麻氣者失留(玉梓の妹は花かもあしひきのこの山蔭に撒けば失せぬる

 

という読人不知歌(よみひとしらずのうた)は、妻の遺骨を散骨した際の心情が美しく詠まれています。

ここでは、「愛しい妻は玉になったのだろうか、花になったのだろうか、清い山・山陰に撒いたら消え散っていく」といったことが歌われています。

妻の遺骨が美しい宝石や花に例えられ、山の自然の一部となっていくことへの寂しさとともに妻への愛が表現されているのです。

自分の大切な妻の遺骨を山に散骨することの作者の心情を考えさせられるとともに、散骨が身近な葬送方法であったことがわかります。

 

ではなぜ現在の日本では散骨に対する意識が低いのでしょうか。

 

それは江戸幕府の宗教統制政策として行われた檀家制度によるものではないかと考えられます。

檀家制度によって葬祭供養の一切はそれぞれが属する寺院が行うものとなり、日頃からの参拝や法要などが義務化され寺院の権限が強化される中で、石造りのお墓に納骨をするという方式が当たり前になっていきました。

お盆やお彼岸などの法要行事が確立していったのも、この檀家制度によるものです。



また、現在では刑法の死体遺棄罪や墓埋法によって遺骨はお墓に納骨するのが常識だという考えを後押しした面もあるでしょう。

しかし、これらの法律が定められた明治から昭和にかけては散骨という葬送方法は知られていない存在になっていた為、法律制定時には散骨を想定していなかったと考えられます。
 

現在では自然に還る葬送方法として散骨が改めて認知されてきています。


適切な方法で行うのであれば散骨が法に触れることもありません


死生観や遺骨に対する考え方、葬送への想いなどはその時代により変化していくものです。

その時代における様々な制度や主流となっている考え方の影響を大きく受けます。
 

江戸時代以来の納骨の考え方などの影響はいまだに大きく、散骨という葬送方法を受け入れがたいと感じる人がいることも事実です。
 

しかし一方で自分自身や身近な人々について散骨するかどうかはともかく、散骨を許容する考えが急激に広まってきているのも事実なのです。


昔の日本では散骨を否定するような考え方はありませんでした。


現在、頑なに散骨を否定しているのは一部の宗教ビジネス団体と石材店が多いのです。
 

散骨が普及していくと自分達のビジネススタイルが崩れてしまうからです。

 

 

大きな墓石を建てることを望まず散骨を選んだ淳和天皇や、愛する人の遺骨を散骨したときの心情を美しく歌う和歌の詠み人の想いを考えると自然な葬送方法として散骨を受け入れることは決して難しいことではないように思えます。

 

 

 

【人気記事一覧 01】

LGBTのお墓問題!

檀家制度はなくる?

散骨による風評被害

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

戒名は必要なのか?

お墓の未来について

超音波で遺骨が砕ける?

 

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ