死後貯金してますか?

葬儀費用の格差をご存じでしょうか?
人が死んだら「葬儀を行う」・・・なんとなく、常識かな?と思っている人も多いのではないでしょうか?

近年では都心部を中心に「葬儀費用(そうぎひよう)」の平均額が下がっているそうです。

その背景には、収入などの影響もあるのかも知れませんが、地方よりも都市部に住んでいる人の方が

「葬儀費用ってそんなに必要なの?」と思っていたりします。

では、気になる葬儀の費用について学んでいきましょう。
 

~目次~

一般的な葬儀の費用の相場はご存じでしょうか?

死ぬ準備に350万円用意しましょう。

まとめ

 

一般的な葬儀の費用の相場はご存じでしょうか?

以前は200万円前後が相場だと言われていましたが現在では130万円から140万円ぐらいが相場のようです。
 

年々、葬儀費用の相場は下がっているようでその背景には葬儀の簡素化があります。

家族葬や直葬などの葬儀を執り行うことでその費用は抑えることが出来ます。

しかし世間体を気にして『いわゆる一般的な葬儀』を執り行わなければならない、日本のマイナス文化は否定できません。

その他にも『いわゆる一般的なお墓や戒名』にも、多くの費用がかかります。

お墓を作ると、「150万円から200万円」が購入金額の相場で戒名に至っては相場がありません。

選ぶランクによって数万円から数百万円と幅広く、もはや相場とは言えない状態なのです。

これらの事からわかるように、人は死んでからも多額の費用が掛かります。

 

死ぬ準備に350万円ほど、用意しましょう。

いわゆる一般的な葬儀』を行った場合、安く見積もって葬式130万円、お墓150万円、戒名50万円ほどかかります。

すでに合計330万円になっています。

その他にも、人が死ぬと何らかの諸経費は掛かってきます。

家の整理をしてなかった場合、遺品整理などで、30万前後かかります。荷物が少ない場合は7万円前後かかります。

旦那さんが死んだ場合、一人で生活するのが大変な場合は、「老人ホーム」に入居するなど、色々とお金がかかります。

安くく見積もって20万円として総額350万円が『いわゆる一般的な最低限の葬儀』を行うのに必要な金額になります。

最低限で、この金額です・・・

いわゆる一般的な葬儀』をするのに最低限必要な費用です

どうでしょうか?


これは大変なことです。おかしな事に、人は死ぬのに多額のお金が必要なのです・・・

350万円ないと、『いわゆる世間体を気にした一般的な葬儀』すら出来ないのです(笑


どうでしょうか…今日から生活を切り詰めてコツコツ貯金しませんか?

自分の死ぬ準備にコツコツ貯金して安心して死……

死ぬのにお金を貯めるなんて、本当に馬鹿げた話です


なぜ死ぬ準備に自分でお金を貯めないといけないのでしょうか? 本当に葬儀など必要なのでしょうか?

葬儀をして、だれが喜ぶのでしょうか?

喜ぶのは、葬儀をしている業者だけです・・・

「残された家族に迷惑をかけない為に…」

それは良い考えだと思います。

終活をする大前提のひとつである『家族に迷惑をかけない。

このキーワードに値します。

では自分の葬儀費用を準備出来なければどうなるのか?

いわゆる一般的な葬儀』を希望するのであれば残された家族がその費用を負担することになるでしょう。

家族に迷惑をかけない?

十分過ぎておつりが出るくらい迷惑な話です。


これこそまさに負の遺産ではないでしょうか。
 

いや!負の遺産でしかないのです。

 

 

まとめ

いわゆる一般的な』と言うキーワードを何度も使用しましたがこの一般的な葬儀のイメージは今、変わりつつあります。

葬儀は家族葬や直葬を希望する方が増え戒名はインターネットで安くつけて貰う事が出来ます。

お墓に関しては納骨堂や樹木葬といった形に変化し散骨などの形に残さない供養方法も今では当たり前になって来ているのです。

この事からわかるように現在では多くの日本人が『いわゆる一般的な葬儀』に疑問を持ち始めたからだと考えて良いでしょう。

もちろん金銭に余裕があるのであれば何度も言いますが『いわゆる一般的な葬儀』を執り行うことは否定しません。

しかし無理をしてまで世間体を気にした葬儀は必要ないのではないかと問いたいのです。

自分の死ぬ準備で貯めた350万円を

『葬式はいらない。』

(直葬などで費用を抑えることが出来ます。)

『戒名もいらない。』

(戒名は仏教徒以外必要ありません。)

『骨はどこかに捨ててよい。』

(捨てると違法なので散骨などがあります。)


と言って残された家族にその350万円を託した方が断然良いのではないでしょうか?
 

葬儀やお墓などに対する考え方や価値観は確実に変化しています。

 

皆さんは『いわゆる一般的な葬儀』に大金を払いますか?

 

関連記事:死後に厄介なお金問題!

 

 

【人気記事一覧 01】

LGBTのお墓問題!

檀家制度はなくる?

散骨による風評被害

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

戒名は必要なのか?

お墓の未来について

超音波で遺骨が砕ける?

 

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ