散骨するのはいつがよいでしょうか?

海洋散骨

「散骨するのはいつがよいでしょうか?」

最近、このような相談を受けることがあります。

この質問ですが・・・

「いつがよい?」

というのは、春がよい、夏がよいなどの季節のことではなく

「年忌法要」として、『最適な時期はいつなのか?』という質問のようです。

散骨をする場合、一周忌 三回忌 七回忌 などの節目で散骨を考える方もいますが、

当オフィスでご依頼される方の多くは年忌法要の時期が多いような気がします。

散骨 線香

・墓じまいをしたので

 

・引越しのため

 

・気持ちの整理がついたので


などご依頼される方は、様々な理由により散骨をしています。

時期としては、秋と春が多いような気がしますが。

特に、大きな差があるわけでもありません。

以前、生前予約(受付はしていません。)の相談で来られた方は早くに亡くしたご主人が購入した墓がありました。

散骨 墓

その墓に入って子供達が引き継いでいくことが当たり前だと思っていたそうです。

しかしお墓以外の散骨という葬送を知り当オフィスに相談に来られました。

お話を聞いているとご主人が残した墓があるので自分の遺骨を納める予定はある。

海洋散骨

しかし「三回忌を期に墓じまいして遺骨は海に散骨して欲しい。」との内容でした。

もちろんお子さんや身内には承諾済みでトラブルになる心配はないので生前の予約を相談したいとの話でした。

このように一旦、お墓に納められてから自分で納得した期間を決めて散骨を希望する方もおられます。

火葬後そのまま委託海洋散骨のご依頼をされる方も珍しくはありません。

散骨 火葬

『何月何日に○○火葬場に遺骨を取りに来て下さい。』

今では本当に珍しい事ではないのです。

当オフィスではご依頼者様の諸事情は、一切こちらからお聞きすることはございません。

なので明確な散骨希望理由はわかりませんが話の流れから察するに散骨時期は皆さまあまり気になさってないように思われます。

故人の誕生日を指定して依頼を受けたこともあります。

海洋散骨

何かのタイミングや気持ちの整理がついたといった理由が多いのではないでしょうか。

皆様は散骨するときにはどのような時期に希望されますか?

ちなみに、8~9月頃の台風シーズンと冬場は海洋散骨に向いていません。

海が荒れる時がありますので…
 

まとめ

散骨をする時期には特にこだわっている方は少ないように思えます。

「気持ちの整理がついた…」

と散骨の依頼や相談を受けている実感がありますので実際には故人を偲ぶ気持ちの問題なのではないでしょうか。
 

『人は二度死ぬ!』

 

と言われています。

一度目は『肉体の死』で二度目は『人々の記憶から忘れられた時』だと言われています。

故人を偲ぶ気持ちがあれば散骨の時期などはあまり関係ないようですね…

 

そうです!気持ちの問題!!それだけなのです!!!

 

関連記事:散骨したらお墓がない!どうしたら良いのか?

 

 

【人気記事一覧 01】

LGBTのお墓問題!

檀家制度はなくる?

散骨による風評被害

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

戒名は必要なのか?

お墓の未来について

超音波で遺骨が砕ける?

 

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

献体で葬儀費用が

献体で葬儀費用が無料に

献体(けんたい)とは、医学および歯学の発展のために

自分の身体を解剖の研究に使ってもらう事なのですが・・・

遺骨の最後とは

遺骨って最後はどうなるのか?

遺骨が最終的にどうなっているのか?知っていますか?

今回は、業界の謎に迫ります

なぜ海洋散骨をおすすめするのか

なぜ海洋散骨をおすすめするのか?

お墓に対する考え方から近年一般的になってきている自然葬

その中でも海洋散骨はあるメリットがあります

散骨業者には種類とは?

散骨業者の種類を知っていますか?

大きく分けて3種類に分類されます。

騙されない為にもその違いを見抜きましょう!

死後貯金してますか?

死後貯金してますか?

死んだらお金が掛かってきます。

自分の葬式代金の見積もりを知っていますか?

遺骨は最後にどうなるのか?

遺骨は最後にどうなる?

遺骨の最後の最後を知っていますか?

「遺骨の最後」についてが衝撃でした

納骨堂が破綻する?

霊園や納骨堂は破綻や倒産はするのか?

そんな時、預けた遺骨は?

実際に破綻や倒産した霊園などがあるのです。

お墓がなくても大丈夫?

お墓がなくても大丈夫?

俺が死んだら骨は捨ててくれ・・・

どうしたらいいのか・・・

遺骨処分と海洋散骨

遺骨を処分したい…

実際にある相談なのです。

散骨は遺骨処分の受け皿なのか?

消えゆくお墓文化!

お墓は文化として守るものなのか?

そもそもお墓の歴史は永くない!

先祖を想う気持ちとお墓は別物である。

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ