【広がらない寺院のキャッシュレス化】

寺院のキャッシュレス化

~目次~

世の中はキャッシュレス化が進んでいる!

なぜ仏教界はキャッシュレス化に反対するのか?

キャッシュレスのメリット・デメリットは?

キャッシュレスの現状とは?

まとめ

 

世の中はキャッシュレス化が進んでいる!

全国でキャッシュレス決済が推進されています。

街中でも、キャッシュレス決済を導入しているお店が多くなりました。

世界的に見てもキャッシュレス化は、当たり前のように進化しています。

現金を持たずにコンビニで買い物したり、電車にも乗れてしまいます。

寺院のキャッシュレス化

スマートフォンがあれば事足りるのです。

登録さえしておけば、会計からポイントの還元まで出来てしまいます。

まったく便利な世の中になりました。

この流れに乗り、お布施をキャッシュレスで払えるように導入した寺院があったそうです。

寺院のキャッシュレス化

しかし、仏教界としては、お布施のキャッシュレス化に異議を唱える向きもあるようです。

現金か、キャッシュレスか、どちらがいいのかは各人の価値観もありますから難しいところですが…

なぜ時代の流れに逆らってしまうのでしょうか?

 

なぜ仏教界はキャッシュレス化に反対するのか?

寺院のキャッシュレス化

一部の寺院ではキャッシュレス決済を導入しています。

しかし、その数はまだまだ数える位ではないでしょうか。

数年前に京都仏教会が『お布施やさい銭などのキャッシュレス決済』導入に反対する声明文を発表したことをご存じの方は多くはないかと思います。

その声明文の内容とは

 

声明文「布施の原点に還る」

 

一、「聖俗の分離」に従う
:寺院の宗教活動は世俗の事業とは本質的に異なる。
:布施は財物に託して、信者の心、魂を仏様に奉げるものであり、対価取引の営業行為とは根本的に異なる。
:キャッシュレスによる布施は対面的である宗教行為の本旨に反するものであり、不適切である。
:宗教団体・宗教法人において、法要、拝観、葬儀などの宗教行為と収益事業は明確に分離されている。

 

二、「信教の自由」を守る
:布施のキャッシュレス化により宗教信者の個人情報および宗教的活動が第三者に把握される危惧がある。
:信者の活動状況および個人情報を含むビッグデータから信者および寺院の信教の自由が侵されることを危惧する。
:信者および寺院の行動が外部に知られ宗教統制、宗教弾圧に利用されることを強く危惧する。
:布施のキャッシュレス化により手数料が発生し、収益事業として宗教課税をまねく恐れを憂慮する。

 

三、「寺院への対応」を求める
:傘下寺院に対して、寺院の宗教活動におけるキャッシュレス化を受け入れないことを求める。
:公益財団法人全日本仏教会と連携を密にし全国の宗派、寺院における対応を求めてゆく。
:日本宗教連盟、近畿宗教連盟その他全国の宗教連盟にも同様の対応を求めてゆく。

 

令和元年6月28日  一般財団法人京都仏教会 理事長 有馬賴底

 

なかなか難しい内容なので簡単にしてみましょう。

 

「お寺は宗教です。収益事業とは違います。」

「法要や葬儀などは宗教行為です。ビジネスとは違います。」

「お布施は宗教行為であり、対面でやるものだから有難いのです。」

「キャッシュレス化で信者や寺院の活動が外部に把握される恐れがある。」

「お寺や檀家の自由が侵され、宗教弾圧に利用されかねない。」

「布施のキャッシュレス化が進んでしまうと、一般ビジネスと一緒にされて収益事業とみなされ課税されかねない。」

「お寺はキャッシュレスでの布施を受け入れない。」

「これからも、お布施は現金で受け取ります。」

「今こそ全国のお寺が一致団結して、キャッシュレス化を阻止しましょう。」

 

 

このように各種、団体や組合の上層部が反対しているのであれば、なかなかキャッシュレス化の導入は難しいのかもしれません。

寺院のキャッシュレス化

しかし、この声明文…各寺院の檀家や一般の方が、どのような意味として受け止めれば良いのでしょうか…

「まったくその通りです。住職の考え方は正しい!」と素直に思えるのでしょうか…

 

キャッシュレスのメリット・デメリットは?

寺院のキャッシュレス化

ここで確認しておきたいのは、キャッシュレスのメリット・デメリットに付いてです。

 

【キャッシュレスのメリット】

現金がなくても買い物でき、ポイント還元などがある。

 

近くに銀行やATMがなく現金が引き出せなくても買い物ができ、財布を忘れてもスマホで支払いができます。

 

クレジットカードなら、カードの紛失・盗難の際、サービスを止めて悪用を防ぐことができます。

 

決済データが残るため、自分がいつ買い物したのか把握が容易である。

 

 

【キャッシュレスのデメリット】

クレジットカードや電子マネーなどに対応していない店舗がある。

 

人によって使いすぎや金額が分かりづらくなる。

 

支払いの遅れが続くとブラックリストになる。

 

導入側(店舗等)には決済手数料1割~3割の自己負担が発生する。

 

 

キャッシュレスの現状とは?

寺院のキャッシュレス化

実際にキャッシュレスにしている寺院等はありますし、今後は増えていくのではないでしょうか。

では今現在、キャッシュレスを取り入れている寺院はどれくらい存在するのでしょうか?

その一部をご紹介します。

 

東京・増上寺

年間約100万人の参拝客が訪れる観光名所。御守りなどのキャッシュレス決済などが可能です。

大阪・光寿山正宣寺

クレジットカード、デビットカード、au PAYでのキャッシュレスお布施受納が可能です。

栃木・日光二荒山神社

スマートフォンでおさい銭を納めるシステムにキャッシュレスを導入してあります。

東京・愛宕神社

初詣期間の特定の日に限り、普通のおさい銭箱とは別に電子決済用のおさい銭箱が置かれています。

徳島・平等寺

2018年からキャッシュレス化に対応。四国霊場でキャッシュレス化を試みたのは、平等寺が初めてです。

京都・下鴨神社

IC系交通カードを含む数多くの電子マネーが利用可能です。さい銭については現金のみとなっています。

 

このように、キャッシュレスを取り入れている寺院は少なからず存在しているのです。

その背景には外国人観光客に対応する為の後押しがあるように感じられます。

寺院のキャッシュレス化

集まった賽銭を預け入れる際、銀行窓口での硬貨の入金に手数料がかかる為、負担を減らす目的もあったようです。

その他にも時代の流れに合わせて、神社でも賽銭箱の横に決済端末を置き、キャッシュレスに対応する動きが出ています。

特に観光名所になっている寺院が、積極的にキャッシュレス化しているのではないでしょうか。

 

まとめ

世界的に見てもキャッシュレスの普及は、今後も増えていく事は確実だと思われます。

その背景は時代の流れであり、何より便利だと言うことなのでしょう。

しかし寺院等でのキャッシュレス化には、まだまだ時間がかかりそうです。

一部の仏教団体の反対などもありますが、やはり「お布施やお賽銭は現金で!」というのが、今の日本人の考えではないでしょうか?

時代の流れというものは、皆さんが気付かないうちに物凄いスピードで変化しています。

5年前の常識が今では当たり前ではなく、今の常識は5年後には通用しなくなることは普通に起こりうることです。

そう考えると近い将来、お賽銭もキャッシュレスの時代になっているのかもしれません!

今後、寺院は破綻しその数は減っていくと予測されています。

これも時代の変化であって、お布施や寄付金が集まらないため一部の有名な寺院等以外は、どこも経営が厳しいのが現実のようです。

存続を考え時代の流れに乗ることも大事かと思います。

キャッシュレスを導入すると、売り上げから手数料が引かれたりとデメリットもあります。

しかし利用者の利便性を高めてくれるメリットも大きいです。

キャッシュレスお布施化・・・・当たり前になる時代はもうすぐそこです。

現金か、キャッシュレスか、どちらが良いのかはそれぞれの価値観もありますから難しいところですね。

 

 

 

関連記事:葬儀費用でポイントが貯まる?

 

 

【人気記事一覧 01】

骨の収骨拒否は出来る?

遺骨を手渡しする安心感!

檀家制度はなくる?

戒名は必要なのか?

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

墓じまいの費用とは?

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

お墓の未来について

LGBTのお墓問題!

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

 

旦那のお墓は・・・女性のお墓に対する考え

今までの檀家制度は先祖のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は、夫側のお墓に入る。 今まで当たり前だった、そんなお墓の習慣を疑問に思う女性が増えている事をご存知ですか?

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

海洋散骨や遺骨の処分をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 台東区 墨田区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 町田市 府中市 調布市 西東京市 小平市 三鷹市 日野市 立川市 東村山市 多摩市 武蔵野市 青梅市 国分寺市 小金井市 東久留米市 昭島市 稲城市 東大和市 あきる野市 狛江市 清瀬市 国立市 武蔵村山市 福生市 羽村市 奥多摩町 瑞穂町、など東京都内すべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もご相談くださいませ。

 

【神奈川県の散骨地域について】

海洋散骨の一凛では神奈川県の、横浜市 青葉区 旭区 泉区 磯子区 神奈川区 金沢区 港南区 港北区 栄区 瀬谷区 都筑区 鶴見区 戸塚区 中区 西区 保土ケ谷区 緑区 南区 川崎市 川崎区 幸区 中原区 高津区 多摩区 宮前区 麻生区 相模原市緑区 中央区 南区 藤沢市 横須賀市 平塚市 茅ヶ崎市 大和市 厚木市 小田原市 鎌倉市 秦野市 海老名市 座間市 伊勢原市 綾瀬市 逗子市 三浦市 南足柄市など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。墓じまい、遺骨の処分や手元供養でお悩みの方もぜひご連絡くださいませ。

 

【千葉県の散骨地域について】

散骨、海洋散骨の一凛では千葉県の、千葉市 中央区 花見川 稲毛区 若葉区 緑区 美浜区 船橋市 市川市 浦安市 市原市 柏市 松戸市 流山市 野田市 鎌ケ谷市 銚子市 館山市 木更津市 成田市 佐倉市 東金市 旭市 習志野市 勝浦市 八千代市 我孫子市 鴨川市 君津市 富津市 四街道市 袖ケ浦市 八街市 印西市 白井市 富里市 南房総市 匝瑳市 香取市 山武市 いすみ市などで散骨をしております。千葉県にお住まいで、遺骨処分や納骨でお困りの方。墓じまいして、骨をどうにかしたい方のお悩みにお応えしております。

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

海洋散骨の一凛では埼玉県のさいたま市、 南区 見沼区 浦和区 北区 岩槻区 緑区 大宮区 桜区 中央区 西区 川口市 川越市 所沢市 越谷市 草加市 春日部市 上尾市 熊谷市 新座市 狭山市 久喜市 入間市 深谷市 三郷市 朝霞市 戸田市 鴻巣市 加須市 富士見市 ふじみ野市 坂戸市 東松山市 行田市 飯能市 八潮市 本庄市 和光市 桶川市 蕨市 鶴ヶ島市 志木市 北本市 秩父市 吉川市 蓮田市 日高市 羽生市 幸手市 白岡市など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や墓じまいでお悩みの方もぜひお電話くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ