ペットの供養方法とは?

ペットを飼っている方も多いのではないでしょうか?

ペットは家族の一員であり、ひょっとするとそれ以上の存在なのかもしれません・・・

そんなペット関連業界ですが、2020年度の小売りベースは1兆5000億を大きく上回ると予想されその金額は年々増加傾向にあるそうです。

もはや一大市場ではないのでしょうか。

飼っているペットの写真を自身のSNSなどのアイコンにしている方も多く、もはや切っても切れない関係にある愛くるしいペット…

しかしペットも生き物です。

いずれは悲しみの時は訪れます。

現在ではペットが亡くなった時には火葬し弔うことが当たり前です。

それは当然です。

家族の一員として人と同じように悲しみ想いお別れするのです。

 

ペットの葬儀業界とは?

ペットの葬儀業界は人を同じように様々な種類やプランがあります。

亡くなった後の火葬には移動式火葬車を使う方も多いようです。

火葬後の遺骨はペット霊園に納めたり自宅で手元供養したりとひと昔前とは違い土の中などに埋めたりは現在ではしないようです。

今ではペットと一緒に入れるお墓も登場しています。

家族よりもペットと一緒にお墓に入りたい方がいてもおかしくはありません。

昔では考えられないペットと一緒に入れるお墓…

これも時代の変化なのではないでしょうか。

もちろんペットの遺骨を散骨するかたも多く見受けられます。

家族の中でいちばん可愛がっていた飼い主の死後、ペットの遺骨と一緒に海に散骨される方は今後も増えていくのではないでしょうか。

 

ペット霊園には要注意!!!

大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」をご存じでしょうか?

2017年1月末に廃園したペット霊園で今でも【ペット霊園 破綻】で検索すると当時の記事などが出てきます。

多くの方がこのペット霊園を利用していたのですが廃園の事前通知は入口の張り紙だけで直接の連絡はなかったとか。

その為、後日廃園を知った利用者の方々がそのペット霊園に行ったところペットの遺骨が山積みにされていて、供養塔や建物も全て取り壊されていたようです。

これは土地の地権者とペット霊園の経営者との間でトラブルがあったため経営者側が勝手に廃園したのだとか。

このようにペット霊園では廃園や倒産などのリスクがあります。

人の霊園などと違い管理者が自治体や宗教法人でないといけない決まりがありません。
 

『一般の民間企業や個人が運営することが出来るのです。』


そこには想像以上のリスクがあることをしっかり覚えておきましょう。

 

新たな命の存在!

新たな生命を育てる供養方法があったら貴方ならどうしますか?
 

それはスペインのデザイン会社Estudi Moline Disseny社が製造する


Bios Urn fer Petです。

 

これは

´亡き命は自然に還り、そして樹木として生を授かる

というコンセプトの商品でペットの遺骨を使い新たな生命を育てるものです。

【Bios Urn for Pet】の特徴は上下2つのカップと樹木を育てる為の肥料で構成されており、

下側の大きなカップにペットの遺灰を入れ、

上側のカップに樹木の種と付属の肥料を入れ樹木を育むという供養方法です。

誰でも簡単に行えるようです。

ペットロスの悲しみから新たな樹木での生命の誕生で心が癒されていくのかもしれませんね。

現在の日本の法律では故人の遺骨を勝手に埋めたり土や落ち葉などを掛けただけでも法律に触れてしまいます。

これは故人(人)に対する法律であって動物(ペット)に関することではありません。

他人の土地などに勝手にペットの遺骨を撒いたり埋めたりするとトラブルの原因になってしまいます。

しかしペットの遺骨であれば【Bios Urn for Pet】で自宅供養したり庭で育ててもなんら問題になりません。


 興味のある方は一度調べてみては如何でしょうか?
 

 

まとめ

ペットに関する葬儀業界はこれからも伸びていくと思われます。

ペットが亡くなった後に、自宅の庭に骨を埋葬したとの話は昔話です。

そして、マンションにお住まいの方や賃貸の方などはそうもいかないでしょう。

その為、今ではペットと入れるお墓やペンダント等の供養品もたくさん販売されています。

ペットの骨を散骨する方も今後は増えていくのではないでしょうか。

いや実際に増えているのです。

「可愛がっていたペットと一緒に散骨してほしい…」

 

との依頼や相談も実際にあります。

ペットの散骨を請け負う業者も確実に増えています。

しかし流行りなどに便乗した実績のない業者には注意が必要です。

ただの中間業者ならまだしも、ペットの遺骨は散骨せずに捨てられているかもしれません…

必ず散骨業者の実態を見抜くことが重要になってきます。
 

ペットという名の掛けがえのない家族…
 

皆さんならどのように弔いますか?

 

参照:【Bios Urn for Pet】

 

関連記事:ペットの遺骨を手元供養したい。

 

 

【人気記事一覧 01】

LGBTのお墓問題!

檀家制度はなくる?

散骨による風評被害

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

戒名は必要なのか?

お墓の未来について

超音波で遺骨が砕ける?

 

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ