海洋散骨を希望するのはどんな人?

海洋散骨を希望するのはどんな人?


海洋散骨を希望する方は東京などの都心部だけでなく、地方でも年々増えているそうです。

10年前と比べると海洋散骨など、自然葬は増えていると実感します。

 

『お墓を子供に継がせたくない…』

 

という考え方は、浸透しつつあるようです。

日本は無宗教の人も多いので「お墓って本当に必要なのか?」と思う人が増えても何もおかしくない事だと感じます。

では実際に海洋散骨を希望される方はどの様な方なのでしょうか?

 

海洋散骨する人は3通り?

散骨する人は3通りいます。

海が好き自然が好きな人!仕方なく散骨をする人!さらに墓じまいで海洋散骨をする人です。

海が好きで散骨を選ぶ人は想像がつくと思います。

生前に船をもっていた人や海に馴染みのある場所に住んでいた方などは、海洋散骨を選ぶ人が多いように感じます。

 

『お墓じまい』を選んだ人!

お墓は手入れをしないと上の写真のようになってしまいます・・・ 

お墓じまいを考えている人の多くは『子供にお墓を継がせたくない・・・』との思想が高いように思えます。

お墓をしまう理由は、子供が生まれた場所と「生活する場所」が変化したからです。

地方は今後、仕事がなくなっていきます。

公務員くらいしか仕事がない時代が本当に来ると言われています。
 

『地元は地方の田舎だが今は都心に生活拠点を移している・・・』

そんなご家庭は多いのではないでしょうか?

お墓をしまう事は【仕事の変化や生活の変化】が大きくかかわっているのです。

 

散骨をする人の気持ちとは?

オフィス一凛には、多くの方が散骨を希望しています。

多くの方は

 

『 お墓を建てる事や維持していく事がむずかしい。できるけれど子供には残したくない・・・遺骨に存在意義を見出せないと。』

 

と言われます。

 

「遺骨」に存在意義を見出せないのは故人を形に残すのではなく心に残すものだとの考えからなのでしょうか?

たしかに数年に一度の「お墓参り」より、故人を思う気持ちの方が大事なはずです。

 

『故人をふと思い出す!』その瞬間こそが…

映画やテレビで「海」を見たとき「自然」を見た時にふと故人を思い出す
 

海岸沿いを車で走りきれいな夕日をみた時などに

「海が好きだったあの人と一緒にドライブをした・・・」 

そのときに『ふと故人を思い出す・・・』

日常のふとした時に故人を思い出す。

それが大事なことではないでしょうか?

お墓よりも故人を思う気持ちが何よりも大事。

形や物より想う気持ちが大事ではないでしょうか?

そんな考えをお持ちの方々からのご依頼が、「一凛」では多いようです。

 

葬式のあり方は時代によって変わる!

人が死ぬと葬式をおこない、遺骨はお墓に入れる。

当たり前のようですがこれはあたり前ではありません。

お墓の歴史について知ると驚くべきことが分かります。
 

そもそもいつからお墓文化はあるのでしょうか?

宗教が政治に利用され、今のようなお墓制度ができあがっている事に気が付きます。

昔は村の共同の墓地に入るだけでありお墓などありませんでした。

 

人は生まれたら必ず死にます。

これは誰もが逃れられない運命です。

そして葬儀や葬式の方法も時代によってどんどん変化します。

地方ではすでにお寺がどんどん経営難になっているそうです。

これは地方の人口減少による「お布施」や「お墓」による収入の減少だと言われています。

 

方向転換した宗教法人!

 

東京などの都心では、ロッカールームにお骨を入れておき、お墓参りいくスタイルの「ビル型納骨堂」もあります。

はっきり言うと、これなら預ける理由が全くありません。

自宅でいいわけです。

ビル型の納骨堂ではバックヤードに遺骨が納めています。

倉庫のような場所にです!

お坊さんが毎日1柱ずつ供養してくれるわけではないのです。

気になる方は表面だけではなくバックヤードの遺骨を納めている場所を見学させてもらうと良いでしょう!

見学させてくれる納骨堂は【安全面を理由】にまずないでしょう!

 

『こんな場所に家族の遺骨を…』

 

そう思うことでしょう!

そろそろお墓や供養について一度考え直す時期に来ているのではないでしょうか?

皆さんもそろそろ、お墓について考えてみませんか?

お墓の必要性を正しく説明できる人はいません!

そこには宗教ビジネスが深く絡んでいるからです!

これは決して他人事ではないのです…  

家族の遺骨を預ける本当の意味!

考えてみては如何でしょうか?  

 

関連記事:お墓の未来について考えてみた!

 

 

【人気記事一覧 01】

骨の収骨拒否は出来る?

遺骨を手渡しする安心感!

檀家制度はなくる?

戒名は必要なのか?

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

墓じまいの費用とは?

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

お墓の未来について

LGBTのお墓問題!

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

 

旦那のお墓は・・・女性のお墓に対する考え

今までの檀家制度は先祖のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は、夫側のお墓に入る。 今まで当たり前だった、そんなお墓の習慣を疑問に思う女性が増えている事をご存知ですか?

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

海洋散骨や遺骨の処分をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 台東区 墨田区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 町田市 府中市 調布市 西東京市 小平市 三鷹市 日野市 立川市 東村山市 多摩市 武蔵野市 青梅市 国分寺市 小金井市 東久留米市 昭島市 稲城市 東大和市 あきる野市 狛江市 清瀬市 国立市 武蔵村山市 福生市 羽村市 奥多摩町 瑞穂町、など東京都内すべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もご相談くださいませ。

 

【神奈川県の散骨地域について】

海洋散骨の一凛では神奈川県の、横浜市 青葉区 旭区 泉区 磯子区 神奈川区 金沢区 港南区 港北区 栄区 瀬谷区 都筑区 鶴見区 戸塚区 中区 西区 保土ケ谷区 緑区 南区 川崎市 川崎区 幸区 中原区 高津区 多摩区 宮前区 麻生区 相模原市緑区 中央区 南区 藤沢市 横須賀市 平塚市 茅ヶ崎市 大和市 厚木市 小田原市 鎌倉市 秦野市 海老名市 座間市 伊勢原市 綾瀬市 逗子市 三浦市 南足柄市など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。墓じまい、遺骨の処分や手元供養でお悩みの方もぜひご連絡くださいませ。

 

【千葉県の散骨地域について】

散骨、海洋散骨の一凛では千葉県の、千葉市 中央区 花見川 稲毛区 若葉区 緑区 美浜区 船橋市 市川市 浦安市 市原市 柏市 松戸市 流山市 野田市 鎌ケ谷市 銚子市 館山市 木更津市 成田市 佐倉市 東金市 旭市 習志野市 勝浦市 八千代市 我孫子市 鴨川市 君津市 富津市 四街道市 袖ケ浦市 八街市 印西市 白井市 富里市 南房総市 匝瑳市 香取市 山武市 いすみ市などで散骨をしております。千葉県にお住まいで、遺骨処分や納骨でお困りの方。墓じまいして、骨をどうにかしたい方のお悩みにお応えしております。

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

海洋散骨の一凛では埼玉県のさいたま市、 南区 見沼区 浦和区 北区 岩槻区 緑区 大宮区 桜区 中央区 西区 川口市 川越市 所沢市 越谷市 草加市 春日部市 上尾市 熊谷市 新座市 狭山市 久喜市 入間市 深谷市 三郷市 朝霞市 戸田市 鴻巣市 加須市 富士見市 ふじみ野市 坂戸市 東松山市 行田市 飯能市 八潮市 本庄市 和光市 桶川市 蕨市 鶴ヶ島市 志木市 北本市 秩父市 吉川市 蓮田市 日高市 羽生市 幸手市 白岡市など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や墓じまいでお悩みの方もぜひお電話くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ