お墓がなくても大丈夫なの?

お墓はいらない

お墓には入らない?

 

死んだら、骨は捨ててくれ・・・

 

『とつぜん、親に言われました・・・』

『どうしたらいいでしょうか・・・?』
 

最近ではこのような悩みが増えているようです。

実際に、地方では仕事がどんどん減り、都心部に移り住んでいる人が増えています。

地元には戻らない、仕事がないので、戻りたくても戻れない・・・

という若者が日本では急増しています。

反対に

 

地元を離れた子供に迷惑をかけたくない…

 

考える親も急増しています。

現在では『お墓は子供が継ぐ』という考え方に、かなり疑問を抱く方が増えているのです

時代は変わり、その変化と同じように、お墓に対する事情も大きく変化しています。

 

お墓を持たない選択肢!

お墓と海洋散骨

お墓は必ず必要なの?


親に「お墓はいらない」「骨は捨ててくれ・・・」と言われた場合、どうしたらいいでしょうか?

答えは簡単です。

親にお墓がいらないと言われたら

「持たなければ良い」だけの話です。
 

お墓と海洋散骨

自然葬は日本が昔から行っている本来の埋葬のスタイルです。

日本は江戸時代より前は

 

人が死んだら自然に還す!

 

という事を普通としていました。

土に埋葬する「土葬」が普通に行われていたわけです。

それが江戸時代より後になり、疫病やお寺を守るために幕府が土葬を禁止してしまいました。

そして今のような「お墓のスタイル」になってきました。

このお墓によって儲けたのが、宗教をビジネスにした「寺」です
 

「檀家」により毎月の固定収入が入る

ストック型の宗教ビジネスになる

さらに税金を払わなくてよい


『坊主丸儲け』の仕組みが出来上がりました。

さらに、訳のわからないお経を唱えて、ありがたがらせる・・・

明らかに、毎日、心の中で先祖に感謝している人の方が良いはずなのに

知らない坊さんに、訳の分からなお経を唱えてもらい、お金まで支払い供養した気になっている。
日本人は、常識を見直す時期に来ています。

あきらかにおかしい制度はやめたらよいのです。
 

高価な墓を持つ必要性があるのか?

お墓はいらない

本来は、人間が死んだら自然にかえすのが普通だったのですが…

いつしかお墓を建てる事が当たり前になってしまったのです。
 

しかし現代になって

 

お墓を維持できない・・・

 

そもそもお墓は必要なのか?

という問題が浮き彫りになってきました。

長引く不況に上がらない給与・・・

お墓の維持費も大きな悩みに・・・

地元を離れて東京や大阪など大都市で働くようになり

地元にはお墓があるが頻繁にお墓参りができずに

お墓はいらない

『手入れができないので草がおいしげっている・・・』

『お墓が重荷になっている・・・』

という人が急増しているのです。
 

お墓にこだわらない自然葬!

自然葬と海洋散骨

そんな現代のニーズに合ったスタイルの葬送が「海洋散骨」ではないでしょうか。

最近知られるようになってきましたが遺骨を粉にすることで、海にまいて供養をする事ができます。

 

お墓を持たない持ちたくない人にとっては、骨は海にまく時代になっているのです。

お墓はいらない

自然葬には「海洋散骨」「樹木葬」があります。
 

どちらも昔からあるわけではなく、最近になって認知度が高まってきた葬送のかたちです。

しかし自然葬とは言葉だけで自然に還れないものが多いのですが…
 

『お墓を持てない・・・』

 

『維持したくても維持ができない・・・』

 

という現代人のニーズに合っている葬送なのではないでしょうか。

日本は仏壇を持ち先祖を供養するという文化があります。

仏壇には遺骨があるわけではありません。

お墓はいらない

本来、供養とは心の問題であり、何か形に残さなければいけないわけではありません。

時代が変われば供養の方法も変わる。

良くも悪くも日本の文化やしきたりは進化しています。

お墓を持つことがいいとも悪いと言うわけではありません。

お墓はいらない

しかし、本来の文化やしきたりを守る事も大事ですが現代のニーズに合わないと思われるお墓文化についてどう思われるでしょうか?

お墓を考える事で先祖を想うことの大切さと、文化やしきたりについて考えるキッカケになってくれたら

この文章を作ったかいがあったかもしれません。

 

あなたは自身のお墓について何を考えどう思いますか?


まずお墓の必要性から考えてみては如何でしょうか?



 

関連記事:永代供養は永遠ではないって知っていますか?


 

 

【人気記事一覧 01】

LGBTのお墓問題!

檀家制度はなくる?

散骨による風評被害

終活ブームの裏にある迷惑

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

戒名は必要なのか?

お墓の未来について

超音波で遺骨が砕ける?

 

 

旦那のお墓には絶対に入りたくない!!女性のお墓の選択肢とは?

従来の檀家制度は一家や先祖代々のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は婚側の家のお墓に入る。
 今まで当たり前だった、そんなお墓の習俗を疑問に思う女性が増えているようです。

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、千葉、神奈川、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

自然葬・散骨・海洋散骨、送骨をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区中央区港区新宿区文京区江東区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区荒川区台東区墨田区練馬区足立区葛飾区江戸川区、などすべての地域で散骨、海洋散骨をしております。遺骨の処分や送骨でお悩みの方もご相談くださいませ

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

川越 浦和、さいたま市、 中央区 大宮区 西区 北区 南区 見沼区 緑区 桜区 浦和区 岩槻区 朝霞市 川越市 桶川市 川口市 行田市 上尾市 加須市 春日部市 上福岡市、北本市、久喜市、鴻巣市、越谷市、大宮市、白岡市、所沢市 志木市 秩父市 浦和市 入間市 岩槻市 富士見市 ふじみ野市 本庄市 三郷市 和光市 蕨市 伊奈町 荒川村 足立町 小川町 など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もぜひご相談くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ