お墓がなくても大丈夫なの?

お墓はいらない

お墓には入らない?

 

死んだら、骨は捨ててくれ・・・

『突然、親に言われました・・・』

『どうしたらいいでしょうか・・・?』
 

最近では、このような悩みが、年々、増えているようです。

実際に、地方では仕事がどんどん減り、都心部に移り住んでいる人が増えています。

お墓はいらない

地元には戻らない、仕事がないので、戻りたくても戻れない・・・

という、若者が日本では急増しています。

地元の大学に行っても、就職先がない・・・という事になるくらいなら、最初から都心の大学に行く。
という人が増えています。

教育業界をみているとよくわかります。地元のFランクの大学に入るより、都心のFランクの大学に入る方が、就職先が多いのも事実です。
今後、地方では若者の数が急激に減っていくと予想されます。

お墓はいらない

反対に『地元を離れた子供に迷惑をかけたくない…』と考える親も急増しています。

現在では『お墓は子供が継ぐ』という考え方に、かなり疑問を抱く方が増えているのです。

時代は日々変化し、その変化と同じように、お墓に対する考え方も大きく変わってきています。

 

お墓を持たない選択肢とは?

お墓いらない

お墓は必ず必要なのか?


親に「お墓はいらない」「骨は捨ててくれ・・・」と言われた場合、どうしたらいいでしょうか?

答えは簡単です。

親にお墓がいらないと言われたら「持たなければ良い」だけの話です。

お墓と海洋散骨

自然葬は日本が昔から行っている本来の埋葬のスタイルです。

日本は江戸時代より前は【人は死んだら自然に還す!】という事を普通としていました。

土に埋葬する「土葬」が普通に行われていたわけです。

お墓はいらない

そもそも家や故人でお墓を持つ文化がなかったのです。

それが江戸時代より後になり、疫病やお寺を守るために幕府が土葬を禁止してしまいました。

そして今のような「お墓のスタイル」になってきました。

お墓はいらない

このお墓によって儲けたのが、現在の宗教をビジネスにした「寺」です。
 

「檀家」により毎月の固定収入が入る!

ストック型の宗教ビジネスになる!

さらに税金を払わなくてよい!

 

『坊主丸儲け』の仕組みが出来上がりました。

さらに、墓の購入で発生する高額なお金・・・

寺と墓石屋の癒着はないのでしょうか?

お墓はいらない

裏金の流れがあっても不思議ではないはずです。

檀家であって信仰心が有るのであれば良いでしょう。

しかし今の日本人に、仏教の教えを理解している人がどれだけいるのでしょうか?

お墓はいらない

デジタル社会になった現在では、ネットで検索して坊さんを派遣してもらうことも可能になりました。

宗派などを選択できるそうですが、登録している近所の坊さんを派遣してもらえます。

そんな檀家でもない知らない坊さんに、お経を唱えてもらい、お金まで支払い供養した気になっている。

お墓はいらない

日本人は、死後の葬儀やお墓問題を、そろそろ見直す時期に来ているのではないでしょうか?

疑問に思う・・・必要ないのかも・・・

そう思うのなら、やめたらよいのです。
 

高いお墓って必要性なのか?

お墓はいらない

本来は、人間が死んだら自然にかえすのが普通だったのですが…

いつしかお墓を建てる事が当たり前になってしまったのです。

しかし現代になって『お墓を維持できない・・・』

お墓はいらない

そう思う方が急増しているのです。

そもそもお墓は必要なのか?

という問題が浮き彫りになってきました。

お墓はいらない

長引く不況に上がらない給与・・・

お墓の維持費も大きな悩みに・・・

地元を離れて大都市で働くようになり、お墓があるが頻繁にお墓参りができずにいる。

お墓はいらない

『手入れができないので草がおいしげっている・・・』

『お墓が重荷になっている・・・』

という人が急増しているのです。
 

お墓にこだわらない散骨!

自然葬と海洋散骨

そんな現代のニーズに合ったスタイルの葬送が「海洋散骨」ではないでしょうか。

最近知られるようになってきましたが、遺骨を粉にすることで海にまいて供養をする事ができます。

お墓を持たない持ちたくない人にとっては、骨は海にまく時代になっているのです。

壮大な海をお墓と考え、海を見つめて故人を偲ぶ。

それで良いではありませんか。

お墓はいらない

自然葬には「海洋散骨」「樹木葬」があります。
 

どちらも昔からあるわけではなく、最近になって認知度が高まってきた葬送のかたちです。

しかし自然葬とは言葉だけで自然に還れないものが多いのですが…
 


『金銭的にお墓を持てない・・・』

『維持したくても維持ができない・・・』

『そもそもお墓の必要性を感じない・・・』

 

という現代人のニーズに合っている葬送なのではないでしょうか。

日本は仏壇を持ち先祖を供養するという文化があります。

仏壇にある位牌に魂が宿ると、一部の宗教では考えられています。

お墓はいらない

その仏壇を持っている家も、今では珍しくなっています。

そもそも家に仏間がないのです。

その為、仏壇も現代のニーズに合わせ小型になりモダンタイプなどのお洒落なモノになっています。

見た目は居間に置かれていても、仏壇とわからないモノなど様々です。

しかし仏壇には遺骨があるわけではありません。

お墓はいらない

本来、供養とは心の問題であり、何か形に残さなければいけないわけではありません。

時代が変われば供養の方法も変わる。

良くも悪くも日本の文化やしきたりは進化しています。

お墓を持つことがいいとも悪いと言うわけではありません。

お墓はいらない

しかし、本来の文化やしきたりを守る事も大事ですが、現代のニーズに合わないと思われるお墓文化についてどう思われるでしょうか?

そのお墓が子々孫々の負担になるかもしれない・・・

そう考えたときに『墓はいらない!』と親に言われたら、皆さんはどうしますか?  
 

あなたは自身のお墓について何を考えどう思いますか?


まずお墓の必要性から考えてみては如何でしょうか?

 

【関連記事】永代供養は永遠ではないって知っていますか?

 

【人気記事一覧 01】

骨の収骨拒否は出来る?

遺骨を手渡しする安心感!

檀家制度はなくる?

戒名は必要なのか?

お墓や霊園が破綻する?

 

【人気記事一覧 02】

墓じまいの費用とは?

お墓に入りたくない女性達

死後格差とは何か?

お墓の未来について

LGBTのお墓問題!

 

 

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

 

旦那のお墓は・・・女性のお墓に対する考え

今までの檀家制度は先祖のお墓に入る・・・これが当たり前でした。結婚した女性は、夫側のお墓に入る。 今まで当たり前だった、そんなお墓の習慣を疑問に思う女性が増えている事をご存知ですか?

 

 

手元供養の注意点とは何か?

その手元供養…自己満足ではないですか?

手元供養の注意点とは?

形に残す手元供養はお墓と同じです。

納骨堂が破綻する?

霊園や納骨堂は破綻や倒産はするのか?

そんな時、預けた遺骨は?

実際に破綻や倒産した霊園などがあるのです。

火葬場で遺骨を引き取らない

火葬後に遺骨が残らない事はあるのか?

病気や薬による影響とは?

そもそも収骨しなくても違法ではありません。

海外の火葬事情と普及率

日本での火葬率は99%を超えます。

海外の火葬需要はどうなのでしょうか?

土葬が当たり前だと思っていませんか…

葬儀後の給付金制度について知ろう

葬儀後の給付金制度について知ろう

誰でも受け取れるのか?葬祭費給付金制度や

給付金について細かく知ろう

菩提寺とはなにか?

菩提寺とはなんでしょうか?

先祖のお墓はどこにありますか?

そもそも菩提寺って必要なのか?

遺骨を手渡しする安心感!

遺骨を郵送するのは不安…

取りに来てくれるの?

郵送による送骨の依頼は殆どありません。

お墓と「死後離婚」とは?

死後離婚とお墓の問題!

「死んでまでも夫と一緒にいたくない」

「意地悪だった姑と同じお墓に入るなんて勘弁してほしい」

戒名は必要なのか?

人は死んだら戒名は必要なのか?

戒名と言う名のビジネスでは?

洗脳されてはいけない戒名ビジネス!

永代供養は永遠ではない

永代供養は永遠ではない

永代供養はどんなサービスなのかご存知でしょうか?

永代供養は寺院や霊園が管理や供養をしてくれる埋葬方法のことを言います

 

散骨でお困り、お悩みがありましたら、いますぐ下記までご相談くださいませ。

 

散骨お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

 

メールでの小お問い合わせ

散骨の一凛では遺骨の激安・格安の処分、他社よりも、どこよりも安い遺骨処分、海洋散骨をしております。

 

 

散骨、海洋散骨サービス

【散骨・海洋散骨の地域について】

一凛では、東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に散骨、海洋散骨のサービスをしております。

海洋散骨や遺骨の処分をお考えなら、一凛にお任せくださいませ。

 

関東  [ 東京都 | 神奈川県 | 千葉県 | 埼玉県 ]

 

【東京の散骨、自然葬の対応地域】

千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 台東区 墨田区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区 八王子市 町田市 府中市 調布市 西東京市 小平市 三鷹市 日野市 立川市 東村山市 多摩市 武蔵野市 青梅市 国分寺市 小金井市 東久留米市 昭島市 稲城市 東大和市 あきる野市 狛江市 清瀬市 国立市 武蔵村山市 福生市 羽村市 奥多摩町 瑞穂町 など東京都内すべての地域で海洋散骨や遺骨処分のご依頼ご相談をお受けしております。遺骨の処分や遺骨の保管でお悩みの方もご相談くださいませ。

 

【神奈川県の散骨地域について】

海洋散骨の一凛では神奈川県の、横浜市 青葉区 旭区 泉区 磯子区 神奈川区 金沢区 港南区 港北区 栄区 瀬谷区 都筑区 鶴見区 戸塚区 中区 西区 保土ケ谷区 緑区 南区 川崎市 川崎区 幸区 中原区 高津区 多摩区 宮前区 麻生区 相模原市 緑区 中央区 南区 藤沢市 横須賀市 平塚市 茅ヶ崎市 大和市 厚木市 小田原市 鎌倉市 秦野市 海老名市 座間市 伊勢原市 綾瀬市 逗子市 三浦市 南足柄市など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。墓じまい、遺骨の処分や手元供養でお悩みの方もぜひご連絡くださいませ。

 

【千葉県の散骨地域について】

散骨、海洋散骨の一凛では千葉県の、千葉市 中央区 花見川 稲毛区 若葉区 緑区 美浜区 船橋市 市川市 浦安市 市原市 柏市 松戸市 流山市 野田市 鎌ケ谷市 銚子市 館山市 木更津市 成田市 佐倉市 東金市 旭市 習志野市 勝浦市 八千代市 我孫子市 鴨川市 君津市 富津市 四街道市 袖ケ浦市 八街市 印西市 白井市 富里市 南房総市 匝瑳市 香取市 山武市 いすみ市 大網白里市 などで散骨をしております。千葉県にお住まいで、遺骨処分や納骨でお困りの方。墓じまいして、骨をどうにかしたい方のお悩みにお応えしております。

 

【埼玉県の散骨・海洋散骨の対応地域】

海洋散骨の一凛では埼玉県のさいたま市、 南区 見沼区 浦和区 北区 岩槻区 緑区 大宮区 桜区 中央区 西区 川口市 川越市 所沢市 越谷市 草加市 春日部市 上尾市 熊谷市 新座市 狭山市 久喜市 入間市 深谷市 三郷市 朝霞市 戸田市 鴻巣市 加須市 富士見市 ふじみ野市 坂戸市 東松山市 行田市 飯能市 八潮市 本庄市 和光市 桶川市 蕨市 鶴ヶ島市 志木市 北本市 秩父市 吉川市 蓮田市 日高市 羽生市 幸手市 白岡市など全ての地域で散骨、海洋散骨、送骨をしております。遺骨の処分や墓じまいでお悩みの方もぜひお電話くださいませ。

 

 

 

【コンテンツ】

トップへ

はじめての方へ

お客様の声

よくある質問

会社概要

同意書について

個人情報について

お問い合わせ

 

【サービス】

散骨サービス

代行サービス

宅配散骨

再婚のために散骨

【特徴について】

散骨エリアについて

アクセス

 

 

【散骨ガイド】

散骨ガイドトップ

散骨業者の選び方とは

散骨後の供養方法

散骨できる場所とは

ビル型納骨とは

散骨は合法なのか?

散骨後の供養はどうするの?

電話:03-6806-8910

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ